フレッツ光ネクストとライト、あなたにぴったりの料金方式はどっち?

フレッツ光ネクストとライト、あなたにぴったりの料金方式はどっち?フレッツ光

NTT東日本とNTT西日本が提供しているインターネットサービスのフレッツ光には、ネクストライトという2種類の月額料金方式があります。

ネクストは他の光回線でも一般的に取り入られている定額制。
インターネットをどれだけ使っても使わなくても月額料金は変わりません。

対してライトは2段階定額制で、まず基本料金がありインターネットの通信量に応じて料金が上がっていきます。
ただ上限金額は決まっているため『使いすぎて数万円に!』なんて事にはならないのでご安心を。

この2種類の月額料金方式はどちらを選べば良いのでしょう?
それは、あなたの日ごろのインターネットとの付き合い方によって変わります。

インターネットを普通に利用している➡ネクスト
インターネットはほとんど使わず光電話やフレッツテレビだけ使いたい➡ライト

とはいえ、おそらくほとんどの方はフレッツ光ネクストを選んだ方が良いでしょう。

その理由なども含めて、本記事ではフレッツ光ネクストとライトとの違いや料金・回線速度について解説をしていきます。

フレッツ光の申し込みにおすすめの代理店

フレッツ光ネクストとフレッツ光ライト

フレッツ光では大きく分けて2種類の月額料金方式があります。

フレッツ光ネクスト何時間利用しても料金が変わらない定額制
フレッツ光ライト通信量に応じて月額利用料が決まる2段階定額制

フレッツ光ネクストは、インターネットを使っても使わなくても料金が変わらない定額制なので、動画やネットゲームなども時間を気にせず利用することができます。
他の光回線も大体この定額制が一般的です。

対してフレッツ光ライトは、最低料金(基本料金)と上限料金が決まっていて、使わない月は通信料金を低く抑えられ、使いすぎても上限料金を超えることは無い2段階定額制となっています。

フレッツ光ネクストとライト 料金イメージ

各プランごとの料金はのちほど詳しく紹介しますが、料金を抑えようと思ってライトにしても、図の通り毎月上限料金を超えるようなら結果的にネクストの方が安くなります。

また、ネクストとライトは回線速度にも違いがあります。

データ受信(下り)データ送信(上り)
フレッツ光ネクスト
(ギガタイプ)
最大概ね1Gbps最大概ね1Gbps
フレッツ光ライト最大100Mbps最大100Mbps

ネクストが上り下り最大1Gbpsに対して、ライトは最大100Mbps。
その差なんと10倍です。

ネットをほぼ利用しないならフレッツ光ライト

フレッツ光ライトは基本料金と上限金額が決まっている2段階定額制のプランです。

東日本エリアなら毎月200MBまで、西日本エリアは毎月320MBまでは格安料金で利用できます。

メールやちょこっとインターネットを検索するだけだったり、ひかり電話・フレッツテレビだけの利用目的ならフレッツ光ライトもアリだと思います。

東日本エリアと西日本エリアで微妙に料金等が違うのでそれぞれ紹介します。

フレッツ光ライト月額料金

フレッツ光ライトの月額料金は以下の通りです。

フレッツ光ライト東日本料金 

基本料金従量課金上限料金
戸建て200MBまで
2,800円
200~1,200MBまで
30円/10MB
1,200MB以上
5,800円
集合住宅200MBまで
2,000円
200~970MBまで
30円/10MB
970MB~1,200MBまで
20円/10MB
1,200MB以上
4,300円
※別途プロバイダ料金がかかります。

毎月データ使用量200MBまでは基本料金で利用できます。

フレッツ光東日本のサイトで使用量200MBの目安が記載されていました。

動画なら月に約1時間、ホームページなら月に約133ページご利用いただけます。
※動画は3MB/分、ホームページは1.5MB/ページとした数値です。

フレッツ光公式 | NTT東日本

・・・動画を1日1時間じゃなくて月に1時間ですよ!少なっ。

フレッツ光ライト西日本料金

基本料金従量課金上限料金
戸建て320MBまで
3,080円
320~1,320MBまで
30.8円/10MB
1,320MB以上
6,160円
集合住宅320MBまで
2,420円
320~1,110MBまで
30.8円/10MB
1,110MB以上
4,840円
※別途プロバイダ料金がかかります。

西日本の場合には1ヵ月のデータ使用量が320MBまでは基本料金で利用できます。
東日本よりちょっと多いですね。

使用量320MBの目安はフレッツ光西日本のサイトで下記の様に記載されていました。

お客さまの利用状況により異なりますが、例えば、1ヵ月あたりにホームページ(※1)を約50ページ閲覧し、電子メール(※2)を約100通送受信し、セキュリティー対策ソフト等のアップデートをした際に120MB程度の通信量になると試算しています。

※1:2MB/ページとした場合です。
※2:100文字のテキストメール1通あたり5KBとした場合です。

フレッツ光公式|NTT西日本

動画にすると、東日本エリアが200MBで1時間だったから、320MBなら単純計算で96分と言ったところでしょうか。
重ね重ね言いますが1日96分じゃなくて月に96分です。

これらはあくまで目安で、利用状況や視聴する動画のサイズ、ホームページに使われている画像サイズ等によっても異なりますので注意して下さいね。

ひかり電話やフレッツテレビなどはインターネットのデータ通信とは異なるため利用量や月額料金に影響することはありません。

フレッツ光ライト初期費用

フレッツ光ライトの初期費用は東日本エリア、西日本エリアともに同じです。
初期費用には契約事務手数料と工事費用があります。

契約事務手数料

800円

工事費用

戸建て18,000円
マンション15,000円

工事費用は一括または分割にすることが可能です。

※土日祝日に開通工事を行う場合には別途3,000円がかかります。

ほとんどの方はフレッツ光ネクストがおすすめ!

インターネットはほぼ使わない、ひかり電話やフレッツテレビしか使わないという場合はフレッツ光ライトが良いかもしれませんが、ほとんどの方はフレッツ光ネクストを利用した方がお得になるでしょう。

というのも、今は通信環境が整備されているおかげで、普段何気なくやりとりするデータサイズもどんどん大きくなってきています。

毎日少しずつでもインターネットで動画を見たりネットゲームで遊んだりしていたら、あっという間にライトプランの上限まで行ってしまうでしょう。

インターネットを少しでも使う方はフレッツ光ネクストで申し込みすることをおすすめします。

それではフレッツ光ネクストの詳細を確認していきましょう。

フレッツ光ネクストのプランと回線速度

フレッツ光ネクストのプランは東日本と西日本でサービス名や内容が異なります。
それぞれ見ていきましょう。

NTT東日本 戸建て

データ受信(下り)データ送信(上り)
ギガファミリースマートタイプ最大概ね1Gbps最大概ね1Gbps
ファミリーギガラインタイプ最大概ね1Gbps最大概ね1Gbps
ファミリーハイスピードタイプ最大200Mbps最大100Mbps
ファミリータイプ最大100Mbps最大100Mbps

NTT東日本 集合住宅(マンション)

データ受信(下り)データ送信(上り)
ギガマンションスマートタイプ最大概ね1Gbps最大概ね1Gbps
マンションギガラインタイプ最大概ね1Gbps最大概ね1Gbps
マンションハイスピードタイプ最大200Mbps最大100Mbps
マンションタイプ最大100Mbps最大100Mbps

NTT西日本 戸建て

通信速度
ファミリー・スーパーハイスピード隼最大概ね1Gbps
ファミリー・ハイスピード最大200Mbps
ファミリータイプ最大100Mbps

NTT西日本 集合住宅(マンション)

通信速度
マンション・スーパーハイスピード隼最大概ね1Gbps
マンション・ハイスピードタイプ最大200Mbps
マンションタイプ最大100Mbps

たくさんプランがありますが、今はほとんどの方が1Gbpsのプランを選ぶようです。

フレッツ光ネクストの月額料金

フレッツ光ネクストの月額料金は以下の通りです。

NTT東日本 戸建て

月額料金
ギガファミリースマートタイプ5,700円
ファミリーギガラインタイプ5,400円
ファミリーハイスピードタイプ5,200円
ファミリータイプ5,200円

NTT西日本 戸建て

月額料金
ファミリー・スーパーハイスピード隼5,400円
ファミリー・ハイスピード5,400円
ファミリータイプ5,400円

NTT東日本集合住宅(マンション)

月額料金
ギガマンションスマートタイプ(光配線方式)3,350円~4,350円
マンション・ギガラインタイプ(光配線方式)3,050円~4,050円
マンションハイスピードタイプ
マンションタイプ(光配線方式/VDSL方式)
2,850円~3,850円
マンションハイスピードタイプ
マンションタイプ(LAN配線方式)
2,500円~3,500円

NTT西日本集合住宅(マンション)

月額料金
マンション・スーパーハイスピード隼(光配線方式)
マンション・ハイスピードタイプ(光配線方式)
マンションタイプ(光配線方式/VDSL方式)
3,200円~4,500円
マンションタイプ(LAN方式)2,600円~3,900円

マンションの月額料金は配線方式や見込み契約軒数で決まる

フレッツ光ネクストが対応しているマンションの月額料金は「配線接続方式」「同建物内の見込み契約軒数」で決まります。

配線接続方式は集合住宅ごとに決まっているので自分で選ぶことはできません。
同建物内の見込み契約軒数もNTT側で決めます。

つまり集合住宅の場合には加入できるプランが初めから決まっているというわけです。

集合住宅(マンション)の配線接続方式には3つのタイプがあります。

光配線方式
光配線方式

集合住宅内の各住居までを光ファイバーで接続する配線方式。

3つの配線方式の中では最も速度が出ます。

VDSL方式
VDSL方式

電柱から集合住宅までは光ファイバーで、集合住宅内の各住居までを電話回線用ケーブルで接続する配線方式。

LAN配線方式
LAN配線方式

電柱から集合住宅までは光ファイバーで、集合住宅内の各住居までをLANケーブルで接続する配線方式。

フレッツ光ネクスト初期費用

フレッツ光ネクストの初期費用はNTT東日本、NTT西日本共に同一料金になります。

初期費用は「契約事務手数料」と「工事費」があります。

契約事務手数料

800円

工事費用

戸建て18,000円
マンション15,000円

工事費用については一括または分割を選ぶことが可能です。

土日祝日でも開通工事が可能ですが別途3,000円がかかります。

フレッツ光ネクスト解約金

フレッツ光には月額料金が割引になるサービスがあります。

東日本の場合には「にねん割」、西日本の場合には「光はじめ割」という非常にお得なサービスですが、2年の契約期間があり更新月以外に解約する場合は解約金が掛かります。

NTT東日本「にねん割」の解約金

にねん割は2年単位の自動更新となり、更新月(利用期間満了月の翌月と翌々月)以外で解約した場合には戸建ては9,500円、集合住宅は1,500円の解約金がかかります。

にねん割の割引額や詳細はこちら↓
にねん割||フレッツ光 店舗/事務所/法人向け申し込みキャンペーン
にねん割は、フレッツ光東日本の月額料金割引キャンペーンです。戸建てなら700円、集合住宅なら100円を24ヶ月間継続割引致します。他のキャンペーンとも併用可能です。

NTT西日本「光はじめ割」の解約金

光はじめ割は2年単位の自動更新になり、更新月(利用期間満了月の翌月と翌々月)以外で解約した場合には戸建ては10,000円、マンションでは7,000円の解約金がかかります。

光はじめ割の割引額や詳細はこちら↓
フレッツ光西日本の割引サービス、光はじめ割で料金を安くしよう!
フレッツ光西日本の割引サービス「光はじめ割」を紹介します。光はじめ割を利用してフレッツ光の料金を安く、お得に利用しよう

法人でフレッツ光に申し込むなら代理店ラプターがおすすめ!

事務所/店舗開業
事務所/オフィス移転

新規店舗/事務所/法人
への光回線/ひかり電話/高速Wi-Fiなら

フレッツ

当社なら電話1本で「フレッツ光導入、電話番号の発番、高速Wi-Fi」など
新規開業に必須のネット回線を迅速対応致します。
更にキャッシュバックなどのキャンペーンも当社限定で実施中です!

フレッツ光は法人や個人事業主様におすすめしたい光回線です。

なぜなら新規店舗/事務所/法人だけが適用できるキャンペーンが展開されているためです。

フレッツ光の回線を他の事業者に貸し出す”光コラボレーション”という制度が出来てから、NTTさん自身が『個人の方は光コラボレーションにお任せして、フレッツ光は法人向けに頑張る!』と考えているのかもしれないですね。

法人でフレッツ光のキャッシュバックを受け取るには、正規代理店のラプターから申し込みましょう!

ラプターのキャッシュバックは「ご契約のプロバイダ」「オプション契約の数」の組み合わせよってキャッシュバック額が最小 30,000~最大 75,000円と大きく変わるのが特徴です。

ラプターのキャッシュバック額

キャッシュバック

まずご契約いただくプロバイダよって基本となるキャッシュバック額が決まります。
オプションは一切不要!という方はこの金額がそのままキャッシュバックされます。

東日本西日本
USEN NET35,000円40,000円
Yahoo!BB35,000円40,000円
楽天BB30,000円35,000円

さらにお申し込みのオプションによってキャッシュバック額が10,000円ずつ増額されます。

東日本西日本
ギガらくWi-Fiライト10,000円10,000円
ギガらくカメラ10,000円10,000円
ひかり電話エース10,000円特典対象外
24時間出張修理オプション

ITサポートセキュリティ
ライトあんしんプラン
10,000円特典対象外

プロバイダとオプションによって決まる最大と最小のキャッシュバック金額がこちら。

東日本西日本
最大75,000円60,000円
最小30,000円30,000円

各オプションについて

キャッシュバックの対象になっているオプションです。
オプション名をクリックすると詳細をご覧いただけます。

オプション名月額料金内容
ひかり電話エース1,500円ひかり電話「基本プラン」に6つのサービスがつきます
(ナンバーディスプレイ、キャッチホンなど)
ギガらくWi-Fiライト2,000円プロによる導入から運用までのサポートが付いた、
安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービス
ギガらくカメラ1,700円~安心サポート付きクラウド型カメラサービス
24時間出張修理
オプション
2,000円~24時間・365日保守対応する安心のサービス
出張修理も24時間365日対応
ITサポート
&セキュリティライト

あんしんプラン
2,000円~パソコンmソフトウェアの使い方からトラブル対応等、
NTT東日本がまとめてサポート

キャンペーン適用条件

NTT西日本エリア・NTT東日本エリアともに事務所/店舗などの法人のお客様がキャンペーンの適用対象です。

個人のお客様はキャンペーン対象外となります。

光回線と同時にご契約いただくプロバイダの会員ページへログインし、支払い手続きを完了されていることがキャンペーンの適用条件になります。

ラプターのキャッシュバック申請方法

代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請手続きを忘れてしまって貰い損ねてしまったり・・・と、なかなか厄介なキャッシュバック申請。

ラプターの場合、特典申請方法はとっても簡単です。

回線申し込み時の電話で、オペレーターさんにキャッシュバックを振り込んで欲しい口座情報を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)。
申し込み時に同時に済んでしまうので貰い忘れが発生しません。

キャッシュバックの振込時期は開通月の翌々月末(最短2ヵ月)。

フレッツ光の申し込みを検討しているなら、まずはラプターのサイトを確認してみましょう!

法人様専用のキャッシュバックキャンペーン展開中

おすすめの光コラボレーション回線 2選

フレッツ光は主に法人・個人事業主におすすめの光回線となります。

NTTさんの方針なのだと思いますがフレッツ光のキャンペーンは法人向けが多く、ラプターのキャンペーンも残念ながら個人の方には適用されません。

そこで個人のお客様向けに、フレッツ光の回線を利用している光コラボレーションサービスを2つご紹介いたします。

どちらもお得なキャッシュバック・キャンペーンを実施中です!

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー

ソフトバンクのスマホをお持ちで、かつ個人のあなたはフレッツ光よりソフトバンク光がおすすめです。

なぜなら、ソフトバンクスマホとのセット割が使えるから!

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーは2種類のキャンペーンを実施中です。

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーのキャンペーン

【特典A】36,000円キャッシュバック
【特典B】31,000円+ハイグレード無線LANルーター

※他社転用・事業者変更の場合は15,000円キャッシュバック

エヌズカンパニーのキャンペーン特典は以下のような特徴があります。

  • キャンペーン手続きが簡単!申し込み時の電話で口座情報を伝えるだけ。口座情報がわからなければ電話後にSMSで送信もできます。
  • オプション加入はなし!余計なオプションに申し込まないので必要最低限の料金で利用できます。
  • キャンペーン特典が早い!開通後、キャッシュバックは最短2ヵ月。無線LANルーターは10日前後で発送されます。

エヌズカンパニーはキャンペーンの条件が良く、特典の貰い忘れがほとんどありません。

フレッツ光を検討中のソフトバンクユーザーのあなたは代理店エヌズカンパニーを確認してみてはいかがでしょうか?

★ソフトバンク光 代理店 オブ 代理店★

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ

正規代理店NNコミュニケーションズからビッグローブ光を申し込むことで、豪華なキャンペーン特典を受け取ることができます。

NNコミュニケーションズのキャンペーン特典は

特典A:キャッシュバック

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

の2種類から選べるようになっています。

特典A:キャッシュバック

条件キャッシュバック額
光回線のみ26,000円
光回線+光電話28,000円

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

条件キャッシュバック額
光回線のみ18,000円+Wi-Fiルーター
光回線+光電話20,000円+Wi-Fiルーター

転用・事業者変更の場合

特典A10,000円
特典B2,000円+Wi-Fiルーター

※ビッグローブ光電話の同時申し込みでキャッシュバック2,000円増額になります。

NNコミュニケーションズは特典の豪華さもさることながら、特典の申請方法にも特徴があります。

申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)でとても簡単なんです。

代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうこともあります。

その点NNコミュニケーションズなら、申し込み時に特典の手続きも一緒に完了するので特典を貰い忘れることがありません。

キャッシュバックは申し込みから最短2ヵ月で指定口座に振り込まれます。

ビッグローブ光を申し込みを考えているなら、まずはNNコミュニケーションズのサイトを確認してみましょう!

★auスマホを使うなら、ベストマッチの代理店★

フレッツ光ネクストとライト、あなたにぴったりの料金方式はどっち?のまとめ

フレッツ光の月額料金方式、ネクストとライトの違いはご理解いただけましたでしょうか。

今回の重要ポイントは4つ!

  • フレッツ光ネクストはどれだけ光回線を利用しても料金一定で使い放題
  • フレッツ光ライトは料金が2段階定額制で使用量が少なければ安くなるプラン
  • 速度はネクスト1Gbpsに対してライトは100Mbps
  • ほとんどの方にはフレッツ光ネクストがおすすめです

通信環境が進化しているのでインターネットでやり取りするデータサイズはどんどん大きくなってきています。
たいして使っていないつもりでも、普通に利用していれば簡単にライトの上限まで行ってしまうでしょう。

『普通程度にインターネットを利用している』という意識があるなら、フレッツ光ネクストを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました