フレッツ光でレンタルしているモデム(ONU)を交換したい!!お金かかるんですか?

フレッツ光でレンタルしているモデム(ONU)を交換したい!!お金かかるんですか?フレッツ光

フレッツ光からレンタルしているモデムが壊れてしまった・・。

どうしよう・・お金かかるのかな・・。

モデム交換にお金がかかるか、かからないかは何が原因で壊れたかによります。

自然に壊れたのであれば無償で交換してくれますが、故意ではないにしろ、ご自分で落とした等の過失で壊してしまった場合にはお金がかかるケースもあります。

この記事ではフレッツ光ご利用中の方に、モデム(正しくはONU)の故障交換の手順と流れをご説明します。

フレッツ光の申し込みにおすすめの代理店

モデムとは

「モデム」とは、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機器のことを指します。

ADSLなどのインターネット回線はアナログ信号を送受信できます。
一方パソコンなどで扱っているデータはデジタル信号です。

アナログ信号とデジタル信号はそのままでは通信することができないため、どこかで変換する必要があります。
その機能を持っているのがモデムなのです。

ADSLなど、電話回線(アナログ回線)でインターネットを利用するには必ずモデムが必要となります。

光回線はモデムではなくONU

ホームゲートウェイ(ONU)

ADSLでは電話線を通してアナログ信号を送受信していましたが、光回線では光信号がデータを伝達します。

モデムはアナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機器ですので光回線には利用できません。

光回線ではモデムの代わりに「ONU(光回線終端装置)」というものを使います。

ちなみにONUはOptical Network Unitの頭文字をとったものです。
訳すと”光でネットワークするための機器”ですね。

ONUは光信号とデジタル信号を相互に変換する機器で、機能としては「モデム」に似ていますが別物です。

光回線でインターネットと接続するには必ずONUが必要となります。

ただ、”モデム”の方がどうしても認知度が高く、今でもONUのことを「モデム」と言う人が多いです。

まぁ役割としては同じなのでモデムで通じてしまうんですよね。

逆にONUと言っても通じない方がいらっしゃるので、この記事ではモデム(ONU)と表記させていただきますね。

フレッツ光でモデム(ONU)を無料交換してくれるケース

フレッツ光でレンタル機器を交換してくれる場合は主に次のケースです。

  • モデム(ONU)が故障した時
  • モデム(ONU)が老朽化した時

さて、この場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

モデム(ONU)が故障した場合

フレッツ光からレンタルしているモデム(ONU)の不具合でインターネットに繋がらなくなった場合は、無償で機器を交換してもらえます。

故障が原因でのモデム(ONU)の交換は、フレッツ光のサポートセンターへ電話で問い合わせるか、サポートページから申し込みましょう。

窓口が東日本エリアと西日本エリアで分かれています。

フレッツ光東日本

故障時サポート

電話:0120-000113

24時間受付(午後5時~翌日午前9時は録音受付)

(WEB受付はこちら

フレッツ光西日本

故障時サポート

電話:0120-248995

24時間受付(午後5時~翌日午前9時は録音受付)

(WEB窓口はこちら

上記の問い合わせ先から連絡し、機器の状況を伝えて故障であると判断されれば交換のための手続きが始まります。

状況によってはNTTから派遣されたスタッフが訪問し、モデム(ONU)やホームゲートウェイ(ルーター)の交換と接続作業を行ってくれます。

交換は、スケジュールの都合がつきさえすれば最短で問い合わせ翌日に対応してくれることもあります。

モデム(ONU)が老朽化した場合

全くインターネットに接続できない故障ではないがネット接続が不安定になってきた場合、モデム(ONU)やホームゲートウェイが古くなっているケースが考えられます。

そういった場合も故障扱いで交換してもらえる可能性があります。
電話で状況を伝えて相談してみましょう!

ただし、明らかにモデムの不具合や故障が起きていなければ、たとえ10年、20年同じモデム(ONU)を使っていたとしても交換してもらえない事もあります。

単に古くなっただけではモデム(ONU)の交換はしてもらえないということです。

モデム(ONU)が古くなって調子が悪い場合は、交換してもらうよりも光回線の転用(フレッツ光から光コラボレーションへ乗り換えること)をして、新品のモデム(ONU)と交換してもらうという手もありますよ。

光コラボレーションへの転用なら同じNTTの光回線を使っているため初回の回線工事が必要なく、月々のインターネット基本料金が下がる可能性も高いので思い切って転用しちゃうのも良いかもです!!

後ほど人気のあるおススメの光コラボレーションも紹介しますね。

モデム(ONU)交換の流れ

故障したONUは、以下のような流れで交換手続きをすすめます。

1.本当にモデム(ONU)が故障したかどうか調べる

サポートページの自己診断チェックリストや、サポートセンターでの問い合わせでは、最初にPCの設定やルーター、ケーブルなどの周辺機器に問題がないかを調べます。

まず、モデムや接続機器の電源を抜いて再起動してみます。

端末 ⇒ ルーター ⇒ ONUと、壁から伸びる光回線と遠い方から電源を抜いていきましょう。

通信機器の再起動の順序

次に自分が現在ネットを使用している建物やエリアのネット回線状況を調べてもらいます。

ここまでで問題がないようであればONU側の故障とみなされます。

2.工事スタッフが訪問

スタッフが訪問して、実際にモデム(ONU)の状況を確認し自然故障であればその場で交換してもらえます。

しかし!!機器側に問題がなかったり、落としたりして壊してしまったと判断された場合は、技術派遣料として7,000~7,500円の請求が発生する場合があります。

これは電話での問い合わせ相談で前もって念押しされます。
自然故障と判断されれば交換のための費用はかかりません。

3.自分でモデム(ONU)を交換したい場合は?

工事の人に来てもらう日程調整がつかない、他人を自宅になるべく入れたくない、自分で再接続・再設定することに不安が無いなどの理由で自分で交換したい場合、問い合わせの電話でその旨を伝えれば宅配で交換用機器が送られてきます。

説明書通りに接続すればたいていの場合は問題なく交換できますよ。

古いほうの機器は、一緒に送られてくる返送用のキットに入れて返送してしまえば交換が完了です。

これはモデム(ONU)、ホームゲートウェイ、VDSL装置などフレッツ光のレンタル機器なら、どれも同じような手順です。

フレッツ光でレンタルしているモデム(ONU)は、自然故障であれば特に費用はかからず無料で交換してもらえます。

実際に交換対応をしてもらった人の意見には、すんなり交換が完了してネット環境が以前より快適になった!という声も多く聞きます。

機器を長く使っていて不具合を感じるようになったら、フレッツ光に問い合わせてみると良いですね。

お金がかかりそうなら転用してしまおう!

あきらかにモデム(ONU)が古くなっていてネットの繋がり具合も良くないのに、無償交換をしてくれなかった場合は、思い切って光コラボレーションに転用しちゃうという手もあります。

光コラボレーションの会社をいくつかピックアップしましたので確認してみてください。

お得感のあるところをチョイスしました。ご参考まで!!

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー

ソフトバンクのスマホをお持ちで、かつ個人のあなたはフレッツ光よりソフトバンク光がおすすめです。

なぜなら、ソフトバンクスマホとのセット割が使えるから!

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーは2種類のキャンペーンを実施中です。

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーのキャンペーン

【特典A】36,000円キャッシュバック
【特典B】31,000円+ハイグレード無線LANルーター

※他社転用・事業者変更の場合は15,000円キャッシュバック

エヌズカンパニーのキャンペーン特典は以下のような特徴があります。

  • キャンペーン手続きが簡単!申し込み時の電話で口座情報を伝えるだけ。口座情報がわからなければ電話後にSMSで送信もできます。
  • オプション加入はなし!余計なオプションに申し込まないので必要最低限の料金で利用できます。
  • キャンペーン特典が早い!開通後、キャッシュバックは最短2ヵ月。無線LANルーターは10日前後で発送されます。

エヌズカンパニーはキャンペーンの条件が良く、特典の貰い忘れがほとんどありません。

フレッツ光を検討中のソフトバンクユーザーのあなたは代理店エヌズカンパニーを確認してみてはいかがでしょうか?

★ソフトバンク光 代理店 オブ 代理店★

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ

正規代理店NNコミュニケーションズからビッグローブ光を申し込むことで、豪華なキャンペーン特典を受け取ることができます。

NNコミュニケーションズのキャンペーン特典は

特典A:キャッシュバック

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

の2種類から選べるようになっています。

特典A:キャッシュバック

条件キャッシュバック額
光回線のみ26,000円
光回線+光電話28,000円

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

条件キャッシュバック額
光回線のみ18,000円+Wi-Fiルーター
光回線+光電話20,000円+Wi-Fiルーター

転用・事業者変更の場合

特典A10,000円
特典B2,000円+Wi-Fiルーター

※ビッグローブ光電話の同時申し込みでキャッシュバック2,000円増額になります。

NNコミュニケーションズは特典の豪華さもさることながら、特典の申請方法にも特徴があります。

申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)でとても簡単なんです。

代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうこともあります。

その点NNコミュニケーションズなら、申し込み時に特典の手続きも一緒に完了するので特典を貰い忘れることがありません。

キャッシュバックは申し込みから最短2ヵ月で指定口座に振り込まれます。

ビッグローブ光を申し込みを考えているなら、まずはNNコミュニケーションズのサイトを確認してみましょう!

★auスマホを使うなら、ベストマッチの代理店★

OCN光代理店ラプター

当社限定キャッシュバックキャンペーン!!次世代高速通信IPoE方式がセットになったv6アルファパッケージ開始!

スマホ料金を出来るだけ低く抑えたいと考えている方はOCN光がおススメです。
格安SIM『OCN モバイル ONE』の月額料金から、更に割引が受けられますよ!

オプション OCN モバイル ONE

また、OCN光の正規代理店のラプターから申し込むことで高額キャッシュバックが受け取れます。
新規だけでなく他社転用・事業者変更でも適用できるのは嬉しいですよね♪

適用条件株式会社ラプターからのお申し込み
新規・他社転用・事業者変更のいずれかのお客さまが対象
特典内容22,000円キャッシュバック

ラプターのキャンペーンの特徴を3つにまとめました。

  • キャッシュバックの申請方法は申し込み時の電話で完了
  • オプション加入条件はなし
  • キャッシュバックの振込時期は開通後最短2ヵ月

さらにさらに、OCN公式キャンペーン『工事費相当額の18,000分の割引』も併用可能です。

OCN公式よりもキャッシュバック額が高く振込時期も速い!

フレッツ光でレンタルしているモデム(ONU)を交換したい!!お金かかるんですか?のまとめ

  • フレッツ光のモデム(ONU)は故障や老朽化での不良の場合は無償交換可能
  • 自分で壊してしまったなど、ケースによっては有料になるので注意!
  • 機器交換にお金がかかるようなら転用しちゃうことがオススメ!

レンタルしているモデム(ONU)は、故障や老朽化の内容によっては機器を無料で交換してくれると言うことが分かりましたね。

ただ、ご自分で落として壊してしまった等のケースではお金がかかってしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

もしもお金がかかってしまう場合は、いっそのこと光コラボレーションへ転用しちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました