フレッツ光のプロバイダは300社以上!人気で評判の良い6社比較

フレッツ光のプロバイダは300社以上!人気で評判の良い6社比較フレッツ光

フレッツ光でインターネットを利用するには、光回線とは別にプロバイダとも必ず契約しなくてはいけません。

フレッツ光のプロバイダは300社以上あり通常はこの中からご自身で選ぶ必要がありますが、正規代理店のラプターから申し込んでいただくと人気のプロバイダ3社から選択していただくかたちになります。

≪ラプターで選べるプロバイダ3社≫

USEN NET
Yahoo!BB
楽天BB

もちろんプロバイダごとにサービス内容や月額料金は違いますが、フレッツ光の回線を使っているので速度は基本的に同じですよ。

また、ラプターで選べる3社以外の定番プロバイダ3社も比較対象として紹介しますので、ぜひ選ぶ際の材料にしてください!

今回は、フレッツ光を利用する時に絶対必要な「プロバイダ」の役割と、6社のサービス比較、加えてプロバイダの変更方法などを解説します。

フレッツ光の申し込みにおすすめの代理店

プロバイダとは?

プロバイダの役割

「プロバイダ」とは、一言でいえばフレッツ光をインターネットにつなげる事業者のことです。

そもそもフレッツ光は、NTT東日本/NTT西日本とだけ契約しても使えません。
必ずインターネットにつなげる事業者である「プロバイダ」との契約が必要なんですね。

車も車体だけあっても無意味ですよね?ガソリン入れないと走りません。それと同じ。

しかし車と違うところがひとつ。

車は、ガソリンより質が良くて高いハイオクを入れれば若干燃費などの車のパフォーマンスに影響してきますが、プロバイダはどこを選んでも速度が速くなるわけではないのです!

理由は、通信速度を左右するのはほとんどが回線だからです。

NTTフレッツ光を使っている限りは、どこのプロバイダに変えても劇的に通信速度が変わるわけではないということは頭に入れておいて下さいね。

ちなみに最近では、ほとんどのプロバイダーが「IPv6接続サービス」に対応しており、通信速度が極端に遅くなったりするのを防いでストレスフリーなインターネット通信が可能になっています。

参考プロバイダ一覧

ではここからは、フレッツ光の主要プロバイダをいくつか紹介しながら、料金やサービス内容の比較をしてみたいと思います。

OCN

OCN(オーシーエヌ)というプロバイダー名を聞いたことのない人はいませんよね?

OCNは高い知名度を誇る国内最大手のプロバイダです。
それもそのはず、OCNはNTT系列の「NTTコミュニケーションズ」が運営しています。
NTTが全額出資しているNTTの完全な子会社ですね。

OCN(NTTコミュニケーションズ)が他のプロバイダーと決定的に異なる点は、自前の大規模通信ネットワーク回線を持っているということです。

通常プロバイダは、ネットワーク回線を借りてインターネット接続サービスを提供します。
しかしOCNは、自分のネットワーク回線を使用することができるわけです。

OCNは国内シェアがNo.1のプロバイダでしすから口コミも〇です?

≪OCNの月額料金≫

NTT東日本NTT西日本
ファミリータイプ1,200円
※2年割で-100円
1,200円
※2年割で-100円
マンションタイプ700円~950円
※2年割で-50円
860円
※2年割で-50円
OCNの特長
  • 独自の割引サービス「2年割」
  • 格安スマホ「OCNモバイルONE」とのセット割
  • V6プラスオプション「OCNバーチャルコネクト」の提供
  • 訪問サポート初回無料

注目は、OCNを2年間継続利用する約束で毎月のOCN利用料から50円~100円の割引が受けられる「2年割」が適用されることです。

このように、OCNでは独自の割引サービスや特典が受けられるんですね。

So-net

So-net(ソネット)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(Sony Network Communications Inc.)が展開するインターネットサービスプロバイダです。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は携帯電話メーカーのソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の完全子会社でもあり、その名の通りソニー系列の会社ですね。

プロバイダーとしてSo-netは、契約者数ではOCN、ソフトバンクに続く3位!
やはり口コミも上々です?

≪So-netの月額料金≫

NTT東日本NTT西日本
ファミリータイプ1,200円
※So-net長割で-200円
1,200円
※So-net長割で-200円
マンションタイプ900円900円
So-netの特徴
  • 独自の割引サービス「So-net 長割」
  • 契約月のプロバイダ料金無料
  • セキュリティソフト12か月無料
  • 安心サポート12か月無料
  • くらしのトータルサポート12か月無料

So-netをファミリータイプで契約すると、2年間の継続利用を約束する「So-net長割」の適用で、プロバイダ料金が毎月200円割引されます。

その他、有料オプションのセキュリティソフト「カスペルスキー」や、オペレーターのリモートサポートなどが受けられる「安心サポート」、暮らしの中で起きる困りごとに対処してくれる「くらしのお守り」が1年間無料で利用できますよ。

初心者向けのサービスが充実しているプロバイダと言えるかもしれませんね。

ASAHIネット

ASAHIネットはプロバイダとしては大手ではないですが、ユーザーからの評判がすこぶる良いプロバイダです。
6年連続1位はすごいですよね!

顧客満足度の高さを証明する口コミはこちら?

≪ASAHIネットの月額料金≫

NTT東日本NTT西日本
ファミリータイプ780円780円
マンションタイプ780円780円
ASAHIネットの特徴
  • プロバイダ料金がめちゃくちゃ安い
  • プロバイダ料金最大12ヵ月間無料
  • IPv6サービスが標準装備
  • 違約金(2,000円)が発生するのが最初の1年間のみ

なんといっても、ASAHIネットのウリは「価格の安さ」と「割引特典が破格」ということ。

且つ通信速度の評判もいいので満足度が高いんですね。

さらに、違約金が発生する期間が1年と短く、違約金も2,000円と安めなので、気軽に乗り換えができるというメリットがありますよ。

正規代理店ラプターの取り扱いプロバイダ

では次に弊社で取り扱いをしているプロバイダを3社紹介していきます。

あ、申し遅れました。
弊社はフレッツ光の正規代理店株式会社ラプターです!

法人や個人事業主のお客様向けにフレッツ光をご案内しております。
どうぞお見知りおきを!

会社概要-フレッツ光申し込み・加入キャンペーン
株式会社ラプター(NTT東日本・NTT西日本販売代理店)の会社概要です。

ラプターではUSEN☆NET、Yahoo! BB、楽天BBの3社のプロバイダを取り扱っています。

ちなみに、どのプロバイダを選んだとしても最低30,000円~のキャッシュバックキャンペーンをおこなっていますよ!(法人のお客様限定)

フレッツ光をご検討中の方はぜひキャンペーン内容をご確認ください?

新規店舗/事務所/法人のお客様ならフレッツ光!

それでは各プロバイダの特徴を見ていきましょう。

USEN☆NET

「USEN☆NET」は、 NTT東日本/NTT西日本が提供している「フレッツ光」、光コラボレーションサービス「USEN光 plus」に対応した店舗・SOHO・個人事業主・法人専用のインターネットサービスプロバイダです。

IPv4、IPv6、固定IPなどご利用用途に応じて幅広い商品をラインナップしています。

≪USEN☆NETの月額料金≫

NTT東日本NTT西日本
ファミリータイプ1,380円
※開通月無料
1,380円
※開通月無料
マンションタイプ1,380円
※開通月無料
1,380円
※開通月無料
USEN☆NETの特徴
  • 契約事務手数料3,000円➡無料
  • 最低利用期間➡24ヶ月
  • 解約違約金➡10,000円

USEN☆NETでは、v6プラスによる「IPv6 IPoE + IPv4」での提供をしており、ストレスなくインターネットを利用することができます。

また、カスタマーサポートは万が一の時でも安心の24時間365日の有人対応をしてくれる点がメリットですね。

Yahoo! BB

ソフトバンクが運営するYahoo! BBは、やはり大手なだけあり人気があります。

2009年4月1日よりNTTのフレッツ光回線を利用した「Yahoo!BB 光 with フレッツサービス」の提供を開始し、Yahoo! JAPANの月間ページビューは750億以上(2017年度)を誇っているプロバイダです。

≪Yahoo! BBの月額料金≫

NTT東日本NTT西日本
ファミリータイプ1,200円
※開通月無料
1,200円
※開通月無料
マンションタイプ950円
※開通月無料
950円
※開通月無料
Yahoo! BBの特徴
  • 最低利用期間➡24ヶ月
  • 解約違約金➡5,000円
  • コンテンツやオプションサービスが豊富

Yahoo! BBは他のプロバイダよりコンテンツやオプションサービスが豊富です?

GyaO!ストア-有料タイトルがタダで見放題

 GyaO!ストアの人気アニメやドラマなどの有料作品が無料で楽しめます。

Yahoo!ボックス-データ保存料が50GBまで無料

 写真や動画などのデータをYahoo!JAPANのサーバーに保存できます。

ヤフオク!-通常会員より便利

 通常会員が入札できない特別カテゴリでの入札ができる。

Yahoo!ショッピング-超特価セールに参加できる

 掘り出し物やワケあり商品など、お得なセールで買い物ができます。

その他オプションもこれだけあります?

  • Yahoo!プレミアム
  • BBフォン
  • ホワイト光電話
  • メールアカウントが10個無料
  • 一通のメール容量25MB
  • メールボックス容量は基本2GB(契約内容や利用状況に応じて変動)
  • ホームページ300MBまで無料
  • Wi-Fiマルチパック/無線LANパック-月額990円(税抜)
  • BBセキュリティ-月額570円(税抜)

楽天BB

楽天コミュニケーションズ株式会社が運営するプロバイダです。

楽天は通販サイトのほうが身近なので、プロバイダ事業もおこなっているとは知らない方が多いのではないでしょうか。

≪楽天BBの月額料金≫

NTT東日本NTT西日本
ファミリータイプ950円
※最大2カ月無料
950円
※最大2カ月無料
マンションタイプ900円
※最大2カ月無料
900円
※最大2カ月無料
楽天BBの特徴
  • 最低利用期間➡12ヶ月
    ※スーパーハイスピードタイプ隼(ホーム)のみ2年間
  • 解約違約金➡5,000円
    ※スーパーハイスピードタイプ隼(ホーム)は、10,000円
  • 契約事務手数料2,000円が無料
  • 毎月楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント
  • 無料のメールアドレスが最大10個まで利用可能

楽天BBでも便利なオプションがいくつか用意されていますよ?

ウィルスセキュリティー 月額300円

「ウイルスセキュリティ」は各国のセキュリティ製品の世界標準ともいうべき性能テストに合格し認定を受けています。

また、設定を行なわなくてもウイルスを発見すると自動的に対処してくれます。

あんしんケア 月額277円

パソコンのトラブルや設定、購入のアドバイス、インターネットのトラブルや設定作業等、パソコン生活に関わるあらゆるサポートをしてくれます。

アドバンストスパムフィルタ 月額100円

インターネットを横行してお客様を悩ませているスパムメールをほぼ完璧にシャットアウトします。また、受信しないメールの基準はご自身でお好きなレベルに設定ができます。

  • オンラインから簡単に設定/解除できる
  • サーバごとに迷惑メールを防止できる
  • 学習機能により高度なフィルタリングを行うことができる

フレッツ光のプロバイダ変更方法

フレッツ光では光回線とプロバイダを別々に契約します。
そのため回線契約中でもプロバイダ会社だけを変更することができます。

フレッツ光でプロバイダを変更する手順を最後に解説しておきます。

  • STEP1
    乗り換え先のプロバイダーに申し込む

    まずは乗り換える予定のプロバイダに申し込みを済ませます。

    解約をしてから申し込みをすると、インターネットが使えない期間が発生する可能性があるので必ず先に行ってくださいね。

  • STEP2
    接続設定を変更する

    プロバイダに申し込んでから3日~1週間後、会員登録証や設定に関する書類が郵送で届きます。
    今までのプロバイダから新しいプロバイダへ設定を変更しましょう。

  • STEP3
    現在のプロバイダーを解約する

    現在のプロバイダーの解約手続きはプロバイダーの公式サイトかカスタマーセンターで可能です。
    違約金などが発生する場合もあるのでしっかり確認しておきましょう。

フレッツ光のおすすめプロバイダ6社比較まとめ

今回はフレッツ光を利用する時に絶対必要な「プロバイダ」の役割と6社のサービス比較、加えてプロバイダの変更方法を解説しました。

今回のまとめ!

  • フレッツ光を利用するためには、別途プロバイダ契約が必須
  • プロバイダによって月額料金やサービス内容は違うが通信速度はあまり変わらない
  • プロバイダを変更する時は先に申し込んで設定してから解約すること

フレッツ光のプロバイダは300社以上存在しますが有名で評判がいいプロバイダはほんの一握りです。

ラプターではお客様のご利用環境に合ったプロバイダ選びをお手伝いさせていただきます。
ぜひお気軽にお問合せください?

フレッツ光の正規代理店

タイトルとURLをコピーしました