フレッツ光でもIPv6で高速インターネットが可能!対応プロバイダと申し込み方法解説

フレッツ光でもIPv6で高速インターネットが可能!対応プロバイダと申し込み方法解説フレッツ光
重要なお知らせ

フレッツ光代理店NNコミュニケーションズは受付を停止しております。
フレッツ光以外にもお得な光回線を紹介しておりますので、そちらもあわせてご検討ください。

↓↓↓光回線のおすすめを厳選してまとめました。詳しくはこちら↓↓↓

最近よく聞く『インターネット速度が速くなるらしい』と噂のIPv6接続ですが、聞いたことはあっても「実際のところよくわからない・・・」という方が多いと思います。

簡単に説明すると「IPv6」はIPv4に代わる次世代の接続方式です。
振り分けられるIPが無限に近いため混雑しにくく快適で高速なインターネットを可能にします。

フレッツ光でも対応プロバイダを選び対応ルーターを用意すれば、月額料金無料でIPv6接続が可能ですよ!

今回は「IPv6」の概要とフレッツ光でIPv6が利用できるプロバイダの調べ方、そしてフレッツ光IPv6ユーザーの評判や申し込み方法などを紹介します。

IPv6とは

まずは「そもそもIPv6って何?」という方に向けて解説しましょう。

簡単に言うとIPv6はインターネットスピードが速くなる接続方法です。

ネットワークにつながれたすべての機器には「IPアドレス」と呼ばれる番号が割り振られます。
IPアドレスは例えるならインターネット上の住所のようなものです。

この住所と住所を繋ぐ接続方式は「IPv4(Internet Protocol Version 4)接続」が主流でしたが、昨今世界中の急速なインターネット利用者・利用機器増加により、IPv4上で割り当てられるIPアドレスが枯渇してきてしまいました。

この”IP枯渇問題”を解決するために開発されたのが「IPv6(Internet Protocol Version 6)」という接続方式です。

IPv6は約340澗個というほぼ無限に近いIPアドレスが使えます。

  • IPv4 ➡ 約43億個のIPアドレス
  • IPv6約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレス

これだけのアドレスがあれば全世界の人がネットに繋がっても十分カバーできますよね。

IPv6で速度が上がる仕組み

ではなぜこのIPv6になることで通信速度が上がるのでしょうか?

従来の光回線は「PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)」という方式でネットワークに接続し、通信するパソコンなどの機器にはIPv4のIPアドレスが割り振られていました。

しかしこの「PPPoE」接続は、NTTの回線から網終端装置というポイントを経てプロバイダから通信を行うため、利用者が増えるとこのポイントが混雑し通信速度が遅くなってしまいます。

そもそもPPPoE方式は200Mbpsまでしか対応していないので、それ以上の速度を出すことができません。

そこで、網終端装置を経由せずに高速でインターネット接続をする「IPoE(IP over Ethernet)」という通信方式が導入されました。

「IPoE」接続では通信機器にIPv6アドレスが割り振られ、且つ網終端装置を経由しないため通信の混雑が起きにくくなります。

加えてIPoE方式は最大100Gbpsという桁違いの通信速度が見込めるんです。

例えるなら「PPPoE方式」が渋滞した道路だとすると、「IPoE方式」が高速道路のようなものです。

IPv4とIPv6の比較イメージ

まとめると、IPv6接続にすることでIPアドレスが枯渇しなくなり回線混雑もしなくなるので、通信速度が上がり高速なネット接続が実現できるようになるということです。

フレッツ光のIPv6対応プロバイダ

フレッツ光では、IPv6に対応しているプロバイダと対応していないプロバイダがあります。

IPv6に対応しているプロバイダはNTT東西の公式サイトで確認できますよ。

契約しているプロバイダがIPv6に対応していれば、基本的には接続設定を切り替えればIPv6での通信が行えます。

フレッツ光のIPv6評判

フレッツ光でIPv6を既に利用中の方の評判はどうでしょうか?

Twitterで口コミを調べてみました。

うわっ、みんな速い!

IPv6接続にすることでどなたもかなりの恩恵を受けられていることがわかります。

平均で下り200Mbps程度から、速いと700Mbps出ている方もいらっしゃいますね。

まだIPv4接続している方はすぐにでも切り替えたほうが良さそうです!

フレッツ光 IPv6の料金

これだけ劇的にインターネットスピードが速くなるフレッツ光のIPv6ですが、なんと月額料金は無料で利用できます。

初期費用は基本工事費と交換機等工事費を合わせた2,000円(税込 2,200円)

基本工事費1,000円
(税込 1,100円)
交換機等工事費1,000円
(税込 1,100円)

ですが、この初期費用も申し込むプロバイダによっては無料としているところが多いようです。
申し込み時によく確認してみてください。

フレッツ光のIPv6申し込み方法

では実際にフレッツ光でIPv6を利用するにはどうしたらいいのでしょうか?

申込手順を確認しましょう。

①現在のネット環境を確認

まず、すでにIPv6のオプションを利用中では無いか確認しましょう。

契約内容はマイページで調べられますが、もしわからなくてもサポートセンターに電話すれば確認ができます。

また契約しているプロバイダがIPv6に対応しているかも確認しておきましょう。

②契約中のプロバイダで「IPv6」を申込む

契約内容が確認できたら現在契約しているプロバイダからIPv6オプションの申込みをします。

③IPv6対応のルーターを用意

プロバイダでIPv6オプションの申込みができたらIPv6対応のルーターを準備します。
対応ルーターはご自身で準備するか、プロバイダから有料でレンタルする事ができます。

ご自身で準備する場合はIPv6に対応しているルーターか必ず確認しましょう。

④接続機器の設定

プロバイダからルーターをレンタルした場合、基本的には設定が完了した状態で届くため電源とケーブルを繋ぐだけでIPv6接続できます。

自分で用意したルーターの設定についてはプロバイダではサポートできないため、設定に難航したらメーカーへ問い合わせましょう。

ルーターを設定して設置したら晴れてIPv6接続の開通です。
思う存分、高速インターネットを楽しみましょう!

フレッツ光でIPv6が使える!対応プロバイダと申し込み方法解説のまとめ

今回はIPv6の概要とフレッツ光でIPv6が利用できるプロバイダの調べ方、そしてIPv6ユーザーの評判や申し込み方法などを解説しました。

  • IPv6接続を利用すると高速で快適なインターネットが楽しめる
  • フレッツ光ではIPv6に対応しているプロバイダと未対応のプロバイダがある
  • IPv6は申し込みが必要で且つIPv6対応のルーターを用意すること

フレッツ光回線のIPv6接続を利用すれば高速で快適なインターネット通信が可能です。

対応しているプロバイダとルーターさえ揃えれば月額料金無料で利用できるので使わないという手は無いですよね!

IPv6接続が出来るフレッツ光、キャッシュバックが貰える法人専用窓口?
タイトルとURLをコピーしました