フレッツ光から転用したほうが安いって本当?おすすめは3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)のスマホ割引がある光コラボ!

フレッツ光から転用したほうが安いって本当?おすすめは3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)のスマホ割引がある光コラボ!フレッツ光

現在フレッツ光を使っている方は光コラボレーションに転用した方が月額料金が安くなるという話を聞いたことありませんか?

聞いたことはあっても、いまいちよくわからない、そもそも転用ってなに?回線の乗り換えってなんか面倒くさそう・・・というイメージを持たれてしまっている方が多いかもしれません。

しかし、結論から言えばフレッツ光から光コラボレーションへの転用なら回線工事をする必要もなく、月額料金も安くなるため現状よりもお得にインターネットが利用できますよ!

また転用先の光回線とご利用中のスマホを同系列のブランドで揃えれば、セット割でスマホの月額料金も安くなります。

おすすめの転用先はコチラ

ご自分やご家族がソフトバンクスマホをご利用中なら
ソフトバンク光↓
ご自分やご家族がauスマホをご利用中なら
ビッグローブ光↓

今回はフレッツ光を利用中の方に向けて転用の仕組みとメリット、具体的な転用の手続き方法について詳しく解説していきます。

フレッツ光の申し込みにおすすめの代理店

転用とは?

転用とは、現在使っている「フレッツ光」から「光コラボレーションモデル」へ乗り換え、NTT東日本・西日本から光コラボレーション事業者へ契約先を変更する手続きのことを指します。

転用

光コラボレーションモデルはNTTのフレッツ光の光回線を借りて、自社のブランドで提供するインターネットサービスのことです。
通称「光コラボ」と呼ばれています。

有名な光コラボの例をあげると、携帯キャリアが運営するドコモ光やソフトバンク光、プロバイダが運営するOCN光・ビックローブ光・So-net光、大手IT企業が運営するDMM光・楽天コミュニケーションズ光などがあります。

フレッツ光から光コラボへの転用では、同じ回線を使っているため新たに工事を実施する必要はなく、従来の光回線乗り換えに比べて手続きもスムーズです。

転用できる方・できない方

光コラボへ転用するためには、まずNTT東日本・西日本で「転用承諾番号」を発行してもらう必要があります。

しかし、現在契約しているフレッツ光やインターネット接続サービスの形態によっては、転用そのものができない場合や、転用承諾番号の発行を受ける前に契約変更が必要になる場合があります。

どのような場合に転用ができて、どのような場合に転用ができないのか、ご自身の契約プランなどと照らし合わせながら見ていきましょう。

転用できるケース

転用ができるケースは、ごく一般的なNTTフレッツ光のプランで、且つプロバイダと別々の契約をしており現在利用中の場合です。

難しく書きましたが、フレッツ光をご利用中のほとんどの方は転用可能です。

例えば、“フレッツ光 with 〇〇”というのはこのタイプの契約を表します。

転用できないケース

転用できないケースは、まず大前提として以下のような場合です?

  1. すでに転用申し込みの受付を行っている場合
  2. 未払い金がある場合・利用停止のお申し出を行っていただいている場合
  3. 品目変更(料金プランの変更)などの手続き中の場合
  4. 管理会社や、建物オーナー様と特別な料金で個別にネット回線を契約をしている場合

また以下のサービスを契約している場合には、転用承諾番号の取得をする前にタイプ変更する必要があります?

  • フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ
  • フレッツ 光ネクスト プライオ10
  • フレッツ 光ネクスト プライオ1
  • フレッツ 光ライト ファミリータイプ
  • フレッツ 光ライト マンションタイプ
  • Bフレッツ(全タイプ)
  • 住田町向けひかり電話 メニュー2
  • フレッツ 光マイタウンネクスト(全タイプ)

これらはかなりレアな契約プランなので、使っている方はほとんどいないと思われます。

しかし念のため転用の手続きを進める前に、まずは自分が契約しているフレッツ光のタイプが該当していないか確認しておきましょう。

現在の契約内容は東日本ならフレッツ光メンバーズクラブ、西日本ならCLUB NTT-Westで確認できます。

フレッツ光から転用するデメリット

フレッツ光から光コラボへの転用は、NTT東日本・西日本との契約から各光コラボレーション事業者との契約に変わるため、いろいろ注意点もあります。

メリットの前にデメリットから先に説明していきますね。

通信速度に影響がある可能性

フレッツ光から光コラボへの転用は、契約先は光コラボレーション事業者に変わりますが、回線自体はNTTフレッツ光をそのまま使い続ける形になります。

そのため回線品質はフレッツ光と変わりませんが、コラボ先のプロバイダの契約ユーザー数によっては回線が混み合い通信速度が遅くなる可能性があるのです。

転用先が同じプロバイダが運営している光コラボレーションなら「フレッツ光回線+プロバイダ」の組み合わせが変わらないため通信速度が遅くなる心配は低いです。

しかし、転用にあたってプロバイダが変わる場合には、プロバイダの契約者数や口コミなどをチェックしてみたほうがいいでしょう。

プロバイダの違約金がかかる

フレッツ光から光コラボへの転用は、契約先は光コラボレーション事業者に変わりますが、回線はNTTのままなのでNTT側からの違約金はかかりません。

しかしプロバイダとの契約が解除となるため、これまで使っていたプロバイダ側から違約金が発生する可能性があります。

フレッツ光の主なプロバイダの違約金はこちら?

プロバイダ違約金
OCN5,000円(不課税)
BIGLOBE5,000円(不課税)
Yahoo!BB「スタンダード」プラン5,000円(税込 5,500円)
「プレミアム」プラン8,000円(税込 8,800円)
@nifty2年割プランのみ3,000円(税込 3,300円)
ASAHIネット2,000円(税込 2,200円)
ぷららなし
So-netなし

転用するのがちょうど契約更新月であればプロバイダからの違約金はかからないので、転用前に各プロバイダに問い合わせて更新月を確認しておきましょう。

メールアドレスが変わる

フレッツ光から光コラボへの転用の際、プロバイダが変わるためプロバイダが発行したメールアドレスは使えなくなります。

しかし、プロバイダによってはメールアドレスのみを使い続けることができるプランが用意されていることもあります。

例えばBIGLOBEの場合、プロバイダサービスを解約した後も月額200円(税込 220円)のベーシックコースに変更することで引き続き同じメールアドレスを使うことができます。

ただしすべてのプロバイダでメールアドレスを使い続けることができるわけではないので、必ず転用の前に各プロバイダへメールアドレスが引き継ぎできるのか・引き継げるのであれば月々いくらかかるのかなど確認しておきましょう。

・・・とはいえプロバイダのメールアドレス、使っている人はたぶん少ないですよね。

フレッツ光から転用するメリット

上記のデメリットは言ってしまえばさほど気にするものではありません。

大事なのはメリットです!具体的に見ていきましょう。

月額料金が安くなる

フレッツ光から光コラボへ転用する最大のメリットは月額料金が安くなることです。

以下はフレッツ光と主要光コラボ事業者の料金表です。

フレッツ光の月額料金

戸建マンション
(小規模)
マンション
(中規模)
マンション
(大規模)
フレッツ光
東日本
6,100円
(税込 6,710円)
4,900円
(税込 5,390円)
4,550円
(税込 5,005円)
4,150円
(税込 4,565円)
フレッツ光
西日本
5,400円
(税込 5,940円)
4,760円
(税込 5,236円)
4,060円
(税込 4,466円)
3,660円
(税込 4,026円)

主な光コラボの月額料金

戸建マンション
SoftBank光5,200円
(税込 5,720円)
3,800円
(税込 4,180円)
ビッグローブ光
(2年プラン)
5,180円
(税込 5,698円)
4,080円
(税込 4,488円)
ビッグローブ光
(3年プラン)
4,980円
(税込 5,478円)
3,980円
(税込 4,378円)
ドコモ光5,200円
(税込 5,720円)
4,000円
(税込 4,400円)
So-net光3,980円
(税込 4,378円)
2,980円
(税込 3,278円)

比べてみるとほとんどのケースで光コラボの月額料金の方が安く、事業者によっては月1,000円以上も差があります。

転用すると月々のランニングコストは安くなるんです。

工事が不要

2つ目のメリットは、転用の際には基本的に工事が要らないことです。

現在フレッツ光を利用している建物でそのまま光コラボへ転用する場合には、既にフレッツ光の回線が引かれた状態になっているため回線工事の必要がありません。

ただし、現在のフレッツ光のプランが以下に該当する場合は、品目変更の工事が発生する可能性があります?

  • フレッツ 光ライト ファミリータイプ(100Mbps)
  • フレッツ 光ライト マンションタイプ(100Mbps)
  • Bフレッツ(100Mbps)
  • フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ(1Gbps)
  • フレッツ光ネクスト プライオ(1Gbps)※NTT東日本のみ
  • フレッツ光プレミアム(100Mbps)※NTT西日本のみ

スマホとのセット割引がある

3つ目のメリットは、スマホとのセット割引が適用できることです。

スマホの大手キャリアが運営している光コラボでは、同ブランドのスマホとセットで利用することでスマホの月額利用料が割引になるサービスを実施しています。

例えば・・・

ソフトバンク光のおうち割 光セット

おうち割 光セット

おうち割 光セットはソフトバンク光とソフトバンクのスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が1台につき毎月500円(税込 550円)~1,000円(税込 1,100円)割引になるサービスです。
契約者本人だけでなく家族のスマホも併せて10回線まで対象になります。

おうち割 光セットの割引額など、詳細はこちら↓
ソフトバンク光 おうち割 光セット|ソフトバンク光キャッシュバックキャンペーン
ソフトバンク光「おうち割 光セット」で月額料金がお得!ご自宅のインターネットとセットで iPhone、スマートフォン、ケータイ 、iPad またはタブレットをご利用ください。

ビッグローブ光のauスマートバリュー

auスマートバリュー

auスマートバリューはビッグローブ光とauスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が1台につき毎月500円(税込 550円)~1,000円(税込 1,100円)割引になるサービスです。
契約者本人だけでなく家族のスマホも併せて10回線まで対象になります。

※ビッグローブはKDDIの子会社のためauスマホとのセット割引が適用できるんです。

auスマートバリューの割引額など、詳細はこちら↓
ビッグローブ光がauスマートバリューの対象に!|ビッグローブ光(BIGLOBE光)キャッシュバックキャンペーン
遂にビッグローブ光でもauスマートバリューに申し込めるようになりました。auケータイご利用のお客さまにとって、とてもお得なサービスです。スマートバリューの適用方法や割引額、注意事項等をご案内しております。

このようにスマホとネット回線を関連ブランドで揃えることで、毎月のスマホ料金からかなりの割引を受けることが出来ます。

請求がまとまる

4つ目のメリットは請求が一つにまとまって分かりやすくなることです。

フレッツ光では、光回線の契約とは別にプロバイダとの契約が必要です。

そのため、インターネット回線はNTT東日本・西日本との契約。
プロバイダは各プロバイダ事業者との契約になり、請求や支払いも別々になります。

しかし、フレッツ光から光コラボに転用すると、インターネット回線とプロバイダの契約先が光コラボレーション事業者に一本化されます。

請求も一本化されることで毎月のインターネット利用料金の管理が非常に楽になりますよね。

フレッツ光から転用する手順

最後に、フレッツ光から光コラボに転用する手順を見ていきましょう。

①転用する光コラボ事業者を選ぶ

まずはフレッツ光から転用する先の光コラボレーション事業者を選びます。

前項のようにスマホのキャリアと合わせてもいいですし、キャリアのスマホでない方は各光コラボ事業者のキャンペーン内容なども比較して自分に合った光回線を選びましょう。

②転用承諾番号を取得する

次にフレッツ光を契約しているNTT東日本/NTT西日本で、転用承諾番号を取得します。

転用承諾番号はネットか電話で取得することができます。
ネットで申し込みをすると転用承諾番号がメールで届きますよ。

それぞれの申請先はこちら?

NTT東日本

≪ネットで申請≫
光コラボレーション(転用)のお手続き
(8:30~22:00 土日祝も受付)

≪電話で申請≫
0120-140-202
(午前9~午後5時・土日祝も受付)

NTT西日本

≪ネットで申請≫
光コラボレーションモデルをご検討・ご利用中のお客さま
(8:30~22:00 土日祝も受付)

≪電話で申請≫
0120-553-104
(午前9~午後5時・土日祝も受付)

※転用承諾番号を取得する際、以下の情報が必要になりますので控えておきましょう。

  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用住所
  • フレッツ光のお客さまID、契約者の電話番号
  • フレッツ光利用料金の支払方法

ちなみに転用承諾番号の有効期限は取得日から15日以内です。
15日を経過すると番号が無効になってしまうので、取得後はなるべく早く手続きをしましょう!

③光コラボ事業者にて申し込み手続き

転用承諾番号の発行を受けたら、転用先の光コラボレーション事業者で手続きをします。

手続き方法は各事業者ごとに異なるので、転用先の事業者のホームページやカスタマーセンターなどでよく確認しておきましょう。

転用の申し込みをしてからおよそ1~2週間後には光コラボにサービスが切り替わります。

④接続後、現在のプロバイダの解約

転用完了後はこれまで契約していたプロバイダの解約手続きをする必要があります。

これを忘れてしまうと転用後も以前のプロバイダ料金を引き落とされ続けてしまうため注意しましょう。

フレッツ光から転用したほうが安いって本当?のまとめ

今回はフレッツ光を利用中の方に向けて、転用の仕組みとメリット、具体的な転用の手続き方法について解説してきました。

転用って何?いまいちよくわからないし、なんか面倒くさそう・・・というイメージを持っていた方も、この記事を読んで「これなら自分でもできそうだ」と前向きに考えるきっかけになれば幸いです。

  • 転用はフレッツ光から光コラボへスムーズに乗り換えが出来る制度のこと
  • 転用なら工事不要で乗り換えが可能!
  • フレッツ光から光コラボレーションに転用したほうが月額料金が安くなる
  • スマホと光回線のブランドを関連会社で揃えればスマホの料金割引が適用できる

フレッツ光から光コラボへの転用は想像以上に簡単にできます。

デメリットももちろんありますが、それ以上にメリットのほうが魅力的ですよね。

この機会にぜひ光回線を見直してみましょう。

ご自分やご家族がソフトバンクスマホをご利用中なら
ソフトバンク光↓
ご自分やご家族がauスマホをご利用中なら
ビッグローブ光↓
タイトルとURLをコピーしました