フレッツ光マンションタイプのVDSL方式ってなんだ?!

フレッツ光マンションタイプのVDSL方式ってなんだ?!フレッツ光

お客様のマンションタイプはVDSLになります

NTTに問い合わせると当たり前のように言われるこの「VDSL」。

一体どういうものなのでしょうか?

簡単に申し上げると、VDSLは集合住宅内の光回線配線方式の一つで、各部屋まで配線された電話回線を利用してインターネットにアクセスします。

えーっ、電話回線を使うってことはADSL?
ってことは通信速度が遅いの?

いえいえ、VDSL方式はちゃんと光回線ですよ。

ただし、おっしゃる通り電話回線を通すことにより最大通信速度が1Gbpsから100Mbpsに下がってしまうんです。

この記事ではフレッツ光のマンションタイプ VDSL配線方式の概要と料金体系、メリット・デメリットなどについて詳しくご説明します。

フレッツ光の申し込みにおすすめの代理店

フレッツ光マンションタイプのVDSL方式とは

光回線のインターネットが始まったばかりの頃、集合住宅内の配線はほぼVDSL方式でした。

時代は進み、現在は『光配線方式』が増えてきておりますが、まだまだVDSL方式の建物も多いんです。

そもそもVDSL方式とはどういったものなのでしょうか。

マンションなどの集合住宅では、まず共有設備まで回線を引き込み、そこから各部屋まで配線していきます。

共有設備から各部屋までの配線方式は大きく分けて3パターンあり、その中の一つがVDSL方式です。

ちなみに建物によってあらかじめ「配線方式」が決まっているため、どの配線方式になるかは契約者側で選ぶことが出来ません。

例えば自分の住んでいる建物の配線方式がVDSL方式だった場合は光配線方式で契約することはできないんです。

フレッツ光マンションタイプを申し込む際に、その建物がどの配線方式になっているか確認できますよ。

VDSLってなんの略?

VDSLは「Very high bitrate Digital Subscriber Line(ベリー・ハイ・ビットレート・デジタル・サブスクライバー・ライン)」の略です。

直訳すると『非常に高いビットレートのデジタル加入者回線』となります。

VDSL配線方式の概要

ではVDSL配線方式とはどういった配線方式なのでしょうか。

VDSL方式

電柱から伸びる光回線を建物内の共有設備内まで引き込み、電話線と接続します。

利用者は各部屋まで配線されている電話線を経由してインターネットにアクセスします。

VDSL方式の工事内容

VDSL方式のマンションは配電盤(MDF)から部屋までは既に配線してある電話線を使います。

VDSL方式の工事内容は配電盤(MDF)内の接続工事とお部屋の中の機器設置のみ。

そのため工事が短時間で終わる場合が多いです。

ただあくまでも上手くいった場合で、たとえば電話線が切れていて使えなかったり、配管が途中で切れている場合などは、工事に時間がかかったり工事自体ができない可能性もゼロではありません。

逆に工事業者が来なくても、機器の設置をするだけでインターネットに繋がるお部屋もあります。

これを「無派遣工事」と言い、NTTからモデムが送られてくるのでご自身で設置します。

無派遣工事の場合はNTT局内工事費のみになるため料金は2,000円とかなり安くなります。

VDSL方式の料金体系

フレッツ光マンションタイプVDSL方式の料金を紹介します。

フレッツ光運営会社のNTTは東日本エリアと西日本エリアに会社が分かれていて、フレッツ光の料金も東西で違いがあります。

また、同建物内で契約が見込める世帯数によって決められるプランによっても料金が変わります。

  • プラン1:8世帯以上の申し込みが見込まれる場合
  • プラン2:16世帯以上の申し込みが見込まれる場合
  • ミニ:6世帯以上の申し込みが見込まれる場合

NTTフレッツ光東日本マンションタイプVDSL方式月額料金

プラン1通常料金3,250円
⇒にねん割適用料金3,150円
プラン2通常料金2,850円
⇒にねん割適用料金2,750円
プランミニ通常料金3,850円
⇒にねん割適用料金3,750円

NTTフレッツ光西日本マンションタイプVDSL方式月額料金

プラン1通常料金3,700円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金3,250円
プラン2通常料金3,200円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金2,800円
プランミニ通常料金4,500円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金3,950円

初期費用

契約事務手数料800円
回線工事費15,000円
(分割可:初回3,000円、400円×30回払い)
無派遣工事の場合2,000円

フレッツ光のマンションタイプ 3種類の配線方式

フレッツ光のマンションタイプには光配線方式VDSL方式LAN配線方式の3種類の配線方式があります。

下表にそれぞれの違いを比較してみました。

配線方式光配線VDSL方式LAN配線
電柱~共有設備まで光ファイバー光ファイバー光ファイバー
共有設備~各部屋光ファイバー電話線LANケーブル
壁の差込口光コンセントモジュラージャックLANコネクタ
回線終端装置ONUモデム無し
最大速度1Gbps100Mbps100Mbps

やはり回線速度は光配線方式が飛び抜けてますね。

光配線方式の1Gbpsに対して、VDSL方式とLAN方式は最大100Mbpsです。

光配線方式

光配線方式

光配線方式は電柱から各部屋までずっと光ファイバーで配線されている方式です。

電話線やLANケーブルを介さない分、最大通信速度は1Gbpsのまま。

3つの配線方式の中で1番速いです!

今、この光配線方式がどんどん増えていて、VDSL方式の建物やLAN配線方式の建物もいずれ全て光配線方式に変わる予定とのことです。

しかし、光配線方式が始まって何年も経ってますが、まだまだVDSL方式もLAN方式も残っているのが現状です・・・。

光配線方式の場合、お部屋の中に「光コンセント」を設置します。

もしも引っ越したお部屋にこの光コンセントがあったら光配線方式決定です!

その時は心の中でガッツポーズしてください!

LAN配線方式

LAN配線方式

共有スペースから各部屋までLANケーブルで配線する方式です。

LAN配線方式は今はあまり聞かなくなってきました。

3つの配線方式で1番数が少ない方式です。

通常、光回線でインターネットを行う場合は光信号とデジタル信号を相互変換するONU(またはモデム)という機器の設置が必要ですが、LAN配線方式の場合は必要ありません。

すでにデジタル信号に変換されているからですね。

壁のLANケーブルの差し込み口に直接LANケーブルを挿せばインターネットが利用できます。

ちなみにLAN配線方式の工事費は他の方式より少し安く7,600円です。

VDSL配線方式のメリットとデメリット

ここではVDSL方式のメリットとデメリットをご紹介します。

工事に時間がかからない

VDSL方式の最大のメリットと言えば、工事が短時間で簡単に終わることでしょう。

NTTや代理店にフレッツ光の申し込みをした際にVDSL方式になると言われたら、該当の集合住宅ではすでにVDSLの設備が整っているということです。

新たに配線する必要がないため短期間で工事が終わり、サクッとインターネットが開通します。

さらにVDSL方式は無派遣工事になる確率が高いです。

これもメリットと言えるでしょう。

最大通信速度が落ちる

最大にして最強のデメリットはやはり通信速度が遅いことでしょう。

フレッツ光は最大通信速度1Gbpsが主流になっているにもかかわらず、VDSL方式は最大100Mbpsです。

10分の1・・・かなり見劣りしてしまいますね。

しかし、同じ電話回線を使ったADSLに比べればVDSLの方が全然速いんですよ。

ちなみに、最大1Gbpsの光配線方式でも建物やお部屋によっては実測値で100Mbpsも出ない場合もあります。

速度については実際に繋いでみないとわからない部分が大きいのです。

VDSL方式について理解したところで、『じゃあ安心してフレッツ光に申し込もうかな』とお考えの皆さまに耳より情報です。

法人や個人事業主がフレッツ光を申し込む場合、正規代理店から申し込むとキャッシュバックが貰えますよ!

法人でフレッツ光に申し込むなら代理店ラプターがおすすめ!

事務所/店舗開業
事務所/オフィス移転

新規店舗/事務所/法人
への光回線/ひかり電話/高速Wi-Fiなら

フレッツ

当社なら電話1本で「フレッツ光導入、電話番号の発番、高速Wi-Fi」など
新規開業に必須のネット回線を迅速対応致します。
更にキャッシュバックなどのキャンペーンも当社限定で実施中です!

フレッツ光は法人や個人事業主様におすすめしたい光回線です。

なぜなら新規店舗/事務所/法人だけが適用できるキャンペーンが展開されているためです。

フレッツ光の回線を他の事業者に貸し出す”光コラボレーション”という制度が出来てから、NTTさん自身が『個人の方は光コラボレーションにお任せして、フレッツ光は法人向けに頑張る!』と考えているのかもしれないですね。

法人でフレッツ光のキャッシュバックを受け取るには、正規代理店のラプターから申し込みましょう!

ラプターのキャッシュバックは「ご契約のプロバイダ」「オプション契約の数」の組み合わせよってキャッシュバック額が最小 30,000~最大 75,000円と大きく変わるのが特徴です。

ラプターのキャッシュバック額

キャッシュバック

まずご契約いただくプロバイダよって基本となるキャッシュバック額が決まります。
オプションは一切不要!という方はこの金額がそのままキャッシュバックされます。

東日本西日本
USEN NET35,000円40,000円
Yahoo!BB35,000円40,000円
楽天BB30,000円35,000円

さらにお申し込みのオプションによってキャッシュバック額が10,000円ずつ増額されます。

東日本西日本
ギガらくWi-Fiライト10,000円10,000円
ギガらくカメラ10,000円10,000円
ひかり電話エース10,000円特典対象外
24時間出張修理オプション

ITサポートセキュリティ
ライトあんしんプラン
10,000円特典対象外

プロバイダとオプションによって決まる最大と最小のキャッシュバック金額がこちら。

東日本西日本
最大75,000円60,000円
最小30,000円30,000円

各オプションについて

キャッシュバックの対象になっているオプションです。
オプション名をクリックすると詳細をご覧いただけます。

オプション名月額料金内容
ひかり電話エース1,500円ひかり電話「基本プラン」に6つのサービスがつきます
(ナンバーディスプレイ、キャッチホンなど)
ギガらくWi-Fiライト2,000円プロによる導入から運用までのサポートが付いた、
安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービス
ギガらくカメラ1,700円~安心サポート付きクラウド型カメラサービス
24時間出張修理
オプション
2,000円~24時間・365日保守対応する安心のサービス
出張修理も24時間365日対応
ITサポート
&セキュリティライト

あんしんプラン
2,000円~パソコンmソフトウェアの使い方からトラブル対応等、
NTT東日本がまとめてサポート

キャンペーン適用条件

NTT西日本エリア・NTT東日本エリアともに事務所/店舗などの法人のお客様がキャンペーンの適用対象です。

個人のお客様はキャンペーン対象外となります。

光回線と同時にご契約いただくプロバイダの会員ページへログインし、支払い手続きを完了されていることがキャンペーンの適用条件になります。

ラプターのキャッシュバック申請方法

代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請手続きを忘れてしまって貰い損ねてしまったり・・・と、なかなか厄介なキャッシュバック申請。

ラプターの場合、特典申請方法はとっても簡単です。

回線申し込み時の電話で、オペレーターさんにキャッシュバックを振り込んで欲しい口座情報を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)。
申し込み時に同時に済んでしまうので貰い忘れが発生しません。

キャッシュバックの振込時期は開通月の翌々月末(最短2ヵ月)。

フレッツ光の申し込みを検討しているなら、まずはラプターのサイトを確認してみましょう!

法人様専用のキャッシュバックキャンペーン展開中

個人契約なら光コラボレーションがおすすめ!

NTTのフレッツ光は現在法人契約に力を入れているようです。

法人向けのキャンペーンはあるのに、個人の方向けの申し込みキャンペーンは現在行われていないんですよね。

そのため、個人契約をご希望の方はフレッツ光に申し込むより、フレッツ光回線を利用した光コラボレーション・サービスにお申し込みいただいた方が断然お得です!

光コラボレーション・サービスとは

プロバイダなどの事業者がフレッツ光回線を借り、自社のサービスや魅力的なキャンペーンを付加して展開しているインターネットサービス。

光コラボレーションはたくさんありますが、今回は知名度・人気ともに高いソフトバンク光ビッグローブ光をご紹介いたします!

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー

ソフトバンクのスマホをお持ちで、かつ個人のあなたはフレッツ光よりソフトバンク光がおすすめです。

なぜなら、ソフトバンクスマホとのセット割が使えるから!

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーは2種類のキャンペーンを実施中です。

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーのキャンペーン

【特典A】36,000円キャッシュバック
【特典B】31,000円+ハイグレード無線LANルーター

※他社転用・事業者変更の場合は15,000円キャッシュバック

エヌズカンパニーのキャンペーン特典は以下のような特徴があります。

  • キャンペーン手続きが簡単!申し込み時の電話で口座情報を伝えるだけ。口座情報がわからなければ電話後にSMSで送信もできます。
  • オプション加入はなし!余計なオプションに申し込まないので必要最低限の料金で利用できます。
  • キャンペーン特典が早い!開通後、キャッシュバックは最短2ヵ月。無線LANルーターは10日前後で発送されます。

エヌズカンパニーはキャンペーンの条件が良く、特典の貰い忘れがほとんどありません。

フレッツ光を検討中のソフトバンクユーザーのあなたは代理店エヌズカンパニーを確認してみてはいかがでしょうか?

★ソフトバンク光 代理店 オブ 代理店★

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ

正規代理店NNコミュニケーションズからビッグローブ光を申し込むことで、豪華なキャンペーン特典を受け取ることができます。

NNコミュニケーションズのキャンペーン特典は

特典A:キャッシュバック

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

の2種類から選べるようになっています。

特典A:キャッシュバック

条件キャッシュバック額
光回線のみ26,000円
光回線+光電話28,000円

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

条件キャッシュバック額
光回線のみ18,000円+Wi-Fiルーター
光回線+光電話20,000円+Wi-Fiルーター

転用・事業者変更の場合

特典A10,000円
特典B2,000円+Wi-Fiルーター

※ビッグローブ光電話の同時申し込みでキャッシュバック2,000円増額になります。

NNコミュニケーションズは特典の豪華さもさることながら、特典の申請方法にも特徴があります。

申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)でとても簡単なんです。

代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうこともあります。

その点NNコミュニケーションズなら、申し込み時に特典の手続きも一緒に完了するので特典を貰い忘れることがありません。

キャッシュバックは申し込みから最短2ヵ月で指定口座に振り込まれます。

ビッグローブ光を申し込みを考えているなら、まずはNNコミュニケーションズのサイトを確認してみましょう!

★auスマホを使うなら、ベストマッチの代理店★

フレッツ光マンションタイプのVDSL方式ってなんだ?!のまとめ

フレッツ光マンションタイプのVDSL方式について解説した今記事のまとめです。

  • VDSL方式は集合住宅の電話回線を利用した配線方式
  • メリット:工事がすぐに終わる場合が多く、無派遣工事の可能性も高い
  • デメリット:最大通信速度が100Mbps

VDSL方式はいずれ無くなる配線方式かもしれませんが、まだまだ導入されている建物はたくさんあります。

もしも引越し先のマンションがVDSL方式だった場合はこの記事の事を思い出してくださいね~!

タイトルとURLをコピーしました