フレッツ光 東日本の月額料金・初期費用・提供エリアまとめ

フレッツ光 東日本の月額料金・初期費用・提供エリアまとめフレッツ光
重要なお知らせ

フレッツ光代理店NNコミュニケーションズは受付を停止しております。
フレッツ光以外にもお得な光回線を紹介しておりますので、そちらもあわせてご検討ください。

↓↓↓光回線のおすすめを厳選してまとめました。詳しくはこちら↓↓↓

光回線は今やパソコンだけでなく、スマートフォンやゲーム機、ネット対応家電などの普及により多くの人に欠かすことのできないライフラインの1つになっています。

NTTが展開しているフレッツ光は、数ある光回線の中でもシェア率No.1を誇る人気のインターネットサービスです。

NTTは東日本と西日本に会社が分かれているため、フレッツ光のサービス内容や料金も東西で微妙に違いがあります。

本記事ではフレッツ光の東日本にスポットを当てて、月額料金・初期費用・提供エリアなどについて解説をしていきます。

フレッツ光 東日本の月額料金

フレッツ光 東日本の月額料金は『戸建て』『集合住宅(マンション)』の2種類に分かれます。

それぞれの料金を確認していきましょう。

戸建て向けプランの月額料金

フレッツ光 東日本の戸建てはプランによって月額料金が異なります。

月額料金速度・備考
ギガファミリー
スマートタイプ
5,700円
(税込 6,270円)
上り下り共に最大1Gbps
Wi-Fiルーターの提供があり
ギガラインタイプ5,400円
(税込 5,940円)
上り下り共に最大1Gbps
※Wi-Fiルーターの提供無し
ファミリー
ハイスピードタイプ
5,200円
(税込 5,720円)
下り最大200Mbps
上り最大100Mbps
※Wi-Fiルーターの提供無し
※上記料金とは別にプロバイダの月額料金が掛かります。

集合住宅(マンション)向けプランの月額料金

集合住宅の月額料金は戸建て向けより複雑で、”同一の建物内で契約が見込める軒数”の3パターンと、3つの配線方式の組み合わせで決まります。

同一の建物内で契約が見込める軒数

プラン2・・・同一の集合住宅などで16以上の契約が見込まれる場合
プラン1・・・同一の集合住宅などで8以上の契約が見込まれる場合
ミニ・・・同一の集合住宅などで4以上の契約が見込まれる場合

見込み軒数が多い建物ほど安く契約できます。

配線方式

光配線方式・・・棟内に光ファイバーを用いて各戸まで接続する方式
LAN配線方式・・・棟内にLAN配線を用いて各戸まで接続する方式
VDSL方式・・・棟内にある既存の電話回線を用いて各戸まで接続する方式

これは建物内の配線によって決まります。

どちらも建物によって決まっているので自分で選ぶことはできません。

プラン2プラン1ミニ速度・備考
ギガマンション
スマートタイプ
(光配線方式のみ)
3,350円
(税込 3,685円)
3,750円
(税込 4,125円)
4,350円
(税込 4,785円)
上り下り共に最大1Gbps
Wi-Fiルーターの提供があり
マンション
ギガラインタイプ
(光配線方式のみ)
3,050円
(税込 3,355円)
3,450円
(税込 3,795円)
4,050円
(税込 4,455円)
上り下り共に最大1Gbps
※Wi-Fiルーターの提供無し
マンション
ハイスピードタイプ
(光配線方式/VDSL方式)
2,850円
(税込 3,135円)
3,250円
(税込 3,575円)
3,850円
(税込 4,235円)
下り最大200Mbps
上り最大100Mbps
※Wi-Fiルーターの提供無し
マンション
ハイスピードタイプ
(LAN配線方式)
2,500円
(税込 2,750円)
2,900円
(税込 3,190円)
3,500円
(税込 3,850円)
下り最大200Mbps
上り最大100Mbps
※Wi-Fiルーターの提供無し
※上記料金とは別にプロバイダの月額料金が掛かります。

戸建て・集合住宅とも、スマートとギガラインの違いは無線ルーター(ホームゲートウェイ)が付くか付かないかです。

2つのプランの差は月額300円(税込 330円)
ということは年間にして3,600円(税込 3,960円)2年間で7,200円(税込 7,920円)が無線ルーターのレンタル料金ということですね。

それだけあればご自分で最新の無線ルーターを購入してもいいかもしれません。

プロバイダの月額料金は?

フレッツ光でインターネットを利用するには、光回線とは別にプロバイダとも契約しなくてはいけません。

フレッツ光のプロバイダは300社以上もあり月額料金やサービス内容もそれぞれ違います。

下記の記事で人気のプロバイダ6社についてまとめていますので併せてご覧ください。

フレッツ光 東日本の初期費用

フレッツ光 東日本の初期費用は「契約事務手数料」「工事費用」があります。

契約事務手数料は一律ですが工事費は戸建てと集合住宅で異なります。

戸建て向けプランの初期費用

契約事務手数料800円(税込 880円)
工事費18,000円(税込 19,800円)
※分割の場合初回3,000円(税込 3,300円)
2回目以降500円(税込 550円)/月×30回

集合住宅(マンション)向けプランの初期費用

契約事務手数料800円(税込 880円)
工事費15,000円(税込 16,500円)
※分割の場合初回3,000円(税込 3,300円)
2回目以降400円(税込 440円)/月×30回

工事費用の支払い方法は、一括または分割から選ぶことが可能です。
ちなみに分割途中で切り替えて残額を一括支払いすることもできます。

※土日祝日で開通工事を行う場合には別途3,000円(税込 3,300円)の料金がかかります。

フレッツ光 東日本の提供エリア

フレッツ光の東日本提供エリアは以下の通り。

【北海道】北海道
【東北】青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
【関東】茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
【信越】長野県、新潟県
【中部】山梨県

さすがNTTが運営しているだけあって、東日本のエリア全域をしっかり網羅していますね!

しかし県名が記載されていても山間部など一部地域についてはフレッツ光が利用できない場合もあります。

フレッツ光の提供状況について詳細を知りたい場合はWEBや電話で簡単に調べることが出来ます。

フレッツ光のエリア確認方法についてまとめた記事はこちら↓

フレッツ光 東日本の”ひかり電話”

ひかり電話

フレッツ光を導入すると一緒に申し込む可能性の高いオプションサービス”ひかり電話”について紹介しておきます。

ひかり電話はフレッツ光と合わせて利用できる光ファイバーを使った固定電話サービスです。

NTTの加入電話と比較して通話料や基本料がかなり安くなりますよ!
(同じ会社なんですけどね)

また、NTT加入電話で利用していた電話番号や電話機をそのまま利用することができます。

ひかり電話 基本プラン

ひかり電話は固定の月額料金と電話を掛けた時間で変動する通話料が掛かります。

月額料金500円(税込 550円)
通話料全国どこへかけても
8円(税込 8.8円)/3分

NTTの加入電話の通話料は電話先(固定電話)の地域によって料金が変わります。

≪参考:NTT加入電話の通話料≫

  • 市内 8.5円(税込 9.35円)/3分
  • 市外 20円(税込 22円)~40円(税込 44円)/3分
  • 県外 20円(税込 22円)~80円(税込 88円)/3分

ひかり電話に変えると全国一律どこに掛けても8円(税込 8.8円)/3分になるのでかなり安くなりますよね。

また月額料金も加入電話は1,450円(税込 1,595円)~に対しひかり電話は500円(税込 550円)なので、フレッツ光を申し込むなら変えないという手は無いですね!

ひかり電話 エースプラン

エースプランは、ひかり電話に6つの付加サービスがついたプランです。
個別にオプションを申し込むよりお得になっています。

月額料金1,500円(税込 1,650円)

6つの付加サービスはどれも利用価値が高い内容になっています。
必要に応じてエースプランを検討してみて下さい。

  • ナンバーディスプレイ・・・かけてきた相手の電話番号がわかる
  • ボイスワープ・・・かかってきた相手を外出先の電話で受けられる
  • 迷惑電話おことわりサービス・・・迷惑電話をシャットアウトできる
  • キャッチホン・・・通話中にかかってきた電話も受けられる
  • 着信お知らせメール・・・不在時の電話の着信がメールでわかる
  • ナンバーリクエスト・・・番号非通知の電話をシャットアウトできる
ひかり電話、ひかり電話エースの詳細はこちらのページをご覧ください↓
ひかり電話|フレッツ光 店舗/事務所/法人向け申し込みキャンペーン
ひかり電話は、フレッツ光と合わせてご利用いただける光ファイバーを使った電話サービスです。

法人でフレッツ光に申し込むなら代理店NNコミュニケーションズがおすすめ!

フレッツ光は法人や個人事業主様におすすめしたい光回線です。

なぜなら新規店舗/事務所/法人だけが適用できるキャンペーンが展開されているためです。

フレッツ光の回線を他の事業者に貸し出す”光コラボレーション”という制度が出来てから、NTTさん自身が『個人の方は光コラボレーションにお任せして、フレッツ光は法人向けに頑張る!』と考えているのかもしれないですね。

法人でフレッツ光のキャッシュバックを受け取るには、正規代理店のNNコミュニケーションズから申し込みましょう!

NNコミュニケーションズのキャッシュバックは「ご契約のプロバイダ」「オプション契約の数」の組み合わせよってキャッシュバック額が最小35,000円~最大65,000円と大きく変わるのが特徴です。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック額

まずご契約いただくプロバイダよって基本となるキャッシュバック額が決まります。
オプションは一切不要!という方はこの金額がそのままキャッシュバックされます。

東日本西日本
USEN NET35,000円40,000円
Yahoo!BB35,000円40,000円

さらにお申し込みのオプションによってキャッシュバック額が5,000円~10,000円ずつ増額されます

増額対象オプション東日本西日本
24時間出張修理オプション

ITサポートセキュリティ
ライトあんしんプラン
10,000円対象外
ギガらくWi-Fi ハイエンド610,000円5,000円
ギガらくカメラ10,000円5,000円

プロバイダとオプションによって決まる最大と最小のキャッシュバック金額がこちら。

東日本西日本
最大65,000円50,000円
最小35,000円40,000円

各オプションについて

キャッシュバックの対象になっているオプションです。
オプション名をクリックすると詳細をご覧いただけます。

オプション名月額料金内容
ギガらくWi-Fiハイエンド64,180円
(税込 4,598円)
安心・カンタン
すぐに使えるWi-Fiサービス
ギガらくカメラ3,000円
(税込 3,300円)
安心サポート付き
クラウド型カメラサービス
24時間出張修理オプション2,000円
(税込 2,200円)
24時間・365日
保守対応する修理サービス
ITサポート
&セキュリティライトあんしんプラン
2,000円
(税込 2,200円)
ソフトウェアの使い方から
トラブル対応まで
NTT東日本がまとめてサポート

キャンペーン適用条件

NTT西日本エリア・NTT東日本エリアともに事務所/店舗などの法人のお客様がキャンペーンの適用対象です。

個人のお客様はキャンペーン対象外となります。

光回線と同時にご契約いただくプロバイダの会員ページへログインし、支払い手続きを完了されていることがキャンペーンの適用条件になります。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック申請方法

代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請手続きを忘れてしまって貰い損ねてしまったり・・・と、なかなか厄介なキャッシュバック申請。

NNコミュニケーションズの場合、特典申請方法はとっても簡単です。

回線申し込み時の電話で、オペレーターさんにキャッシュバックを振り込んで欲しい口座情報を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)。
申し込み時に同時に済んでしまうので貰い忘れが発生しません。

キャッシュバックの振込時期は開通月の翌々月末(最短2ヵ月)。

フレッツ光の申し込みを検討しているなら、まずはNNコミュニケーションズのサイトを確認してみましょう!

\法人専用キャッシュバックキャンペーン!/

個人向けおすすめ光回線2選!

フレッツ光は全国シェアNo.1の人気光回線ですが、現在法人や個人事業主向けのキャンペーンしか展開していません。
そのため正直言って個人の方が申し込むメリットはあまり無いんですよね。

個人利用の方には同じフレッツ光回線を使いながら、スマホとのセット割引やキャッシュバックが受けられる光コラボレーションをおススメします!

ここでは光コラボレーションサービスの中でも人気の『ソフトバンク光』『ビッグローブ光』を紹介いたします。

ソフトバンク光

名前からも分かる通り、あのSoftBankがフレッツ光の回線を借りて展開している光コラボ。

自分かご家族がソフトバンクかワイモバイルのスマホを利用していれば、ソフトバンク光とセットで利用することで『おうち割 光セット』が適用できます。
スマホの月額料金から毎月500円(税込 550円)~1,000円(税込 1,100円)の割引が受けられます。

またIPv6高速ハイブリッドオプションで快適にインターネットが利用できます。

ビッグローブ光

プロバイダのビッグローブがフレッツ光の回線を借りて展開している光コラボ。

ビッグローブ光はauスマホとセットで利用することで、スマホの月額料金が割引になる『auスマートバリュー』やインターネット料金が割引になる『auセット割』が受けられます。

またIPv6オプションで快適なインターネットが利用できます。

こうやって見比べてみるとソフトバンク光とビッグローブ光はよく似ていますよね。
どちらも光コラボレーションサービスで、スマホとのセット割が適用でき、IPv6接続が出来ます。

ご自分や家族の使っているスマホを基準にセット割引が適用できる回線を選ぶと良いでしょう。

それぞれキャッシュバックが貰える申込先を紹介します!

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー

ソフトバンクのスマホをお持ちで、かつ個人のあなたはフレッツ光よりソフトバンク光がおすすめです。

なぜなら、ソフトバンクスマホとのセット割が使えるから!

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーは2種類のキャンペーンを実施中です。

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーのキャンペーン

【特典A】37,000円キャッシュバック
【特典B】32,000円+ハイグレード無線LANルーター
※他社転用・事業者変更の場合は
15,000円キャッシュバック

エヌズカンパニーのキャンペーン特典は以下のような特徴があります。

  • キャンペーン手続きが簡単!申し込み時の電話で口座情報を伝えるだけ。口座情報がわからなければ電話後にSMSで送信もできます。
  • オプション加入はなし!余計なオプションに申し込まないので必要最低限の料金で利用できます。
  • キャンペーン特典が早い!開通後、キャッシュバックは最短2ヵ月。無線LANルーターは10日前後で発送されます。

エヌズカンパニーはキャンペーンの条件が良く、特典の貰い忘れがほとんどありません。

フレッツ光を検討中のソフトバンクユーザーのあなたは代理店エヌズカンパニーを確認してみてはいかがでしょうか?

★ソフトバンク光 代理店 オブ 代理店★

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ

正規代理店NNコミュニケーションズからビッグローブ光を申し込むことで、豪華なキャンペーン特典を受け取ることができます。

NNコミュニケーションズのキャンペーン特典は

特典A:キャッシュバック

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

の2種類から選べるようになっています。

特典A:キャッシュバック

条件キャッシュバック額
光回線のみ26,000円
光回線+光電話30,000円

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

条件キャッシュバック額
光回線のみ10,000円+Wi-Fiルーター
光回線+光電話14,000円+Wi-Fiルーター

転用・事業者変更の場合

特典A10,000円

※ビッグローブ光電話の同時申し込みでキャッシュバック4,000円増額になります。

NNコミュニケーションズは特典の豪華さもさることながら、特典の申請方法にも特徴があります。

申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)でとても簡単なんです。

代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうこともあります。

その点NNコミュニケーションズなら、申し込み時に特典の手続きも一緒に完了するので特典を貰い忘れることがありません。

キャッシュバックは申し込みから最短2ヵ月で指定口座に振り込まれます。

ビッグローブ光を申し込みを考えているなら、まずはNNコミュニケーションズのサイトを確認してみましょう!

★auスマホを使うなら、ベストマッチの代理店★

フレッツ光 東日本の月額料金・初期費用・提供エリアまとめ

フレッツ光 東日本の気になる月額料金・初期費用・提供エリアなどについて解説しました。

今回のポイント3つ!

  • 東日本フレッツ光の月額料金は戸建てとマンションにより異なる
  • 東日本マンションの月額料金は配線方式と契約見込み軒数により料金に違いがあり
  • フレッツ光の工事費用は戸建てで18,000円(税込 19,800円)マンションで15,000円(税込 16,500円)

正規代理店のNNコミュニケーションズなら、法人・個人事業主の申し込みでお得なキャッシュバックキャンペーンを展開中です。

お店や事務所の光回線導入時はぜひご検討ください!

新規店舗/事務所/法人への光回線/ひかり電話/高速Wi-Fiならココ↓
タイトルとURLをコピーしました