フレッツ光

フレッツ光 店舗/事務所/法人向け申し込みキャンペーン

NTT東日本・西日本 フレッツ光 正規販売代理店 株式会社ラプター (販売パートナーコード:1015350983)

お問い合わせはお気軽にお電話下さい

フリーダイヤル 0120-979-422

お問合せ 通話料無料 受付:10時~20時 年中無休

岡山県のフレッツ光 提供エリア情報

フレッツ光 提供エリア

フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が提供する光ブロードバンド回線のサービスです。
岡山県のフレッツ光の提供状況をご確認いただけます。

岡山県 エリア一覧

ご確認されたい地域名をクリックしてください。

光はじめ割 | フレッツ光月額料金 | NTT西日本 岡山県

光はじめ割
光はじめ割は、長期継続利用型割引サービスのことです。長くお使いいただくとお得な月額利用料割引キャンペーンです。

フレッツ光 岡山県の方の料金

「光はじめ割」の詳細

岡山県 観光/イベント情報

岡山県の観光スポットやイベント情報をご紹介します。

子どんす孫どんす

ジャンル: 海岸景観

場所:笠岡市横島

神島より見える趣きに富んだ大小2つの小島。

かさおか太陽の広場

ジャンル: 公園

場所:笠岡市カブト東町13番地外

市制施行40周年記念事業として平成6年5月に完成した「かさおか太陽の広場」は子供から高齢者まで幅広い年齢層の人達の健康づくり、仲間づくりができる野外型の交流広場として広く利用されています。 無料駐車場は7箇所で480台程度ご用意しています。下記の表をご参照ください

御嶽山

ジャンル: 山岳

場所:笠岡市西大島

御嶽山は、水島灘に面し大島中と西大島の境に位置する。標高320.1メートル。 山頂から山麓にかけて龍王宮、御滝権現、御嶽山33観音等があり、地元の厚い信仰の対象となり愛され親しまれている。 山麓一帯は、瀬戸内海の幸の恩恵を受け、気候も温暖なため、古くから集落が形成されていた。貝塚・古墳・城址・碑などがあり、踊り、民話等も伝承されている。 御嶽山は、その眺望の素晴らしさから、昭和25年に国立公園の指定を受けている。遊歩道も整備されており、展望台からは瀬戸内海の大パノラマが堪能できる。

真鍋島ふるさと村

ジャンル: 町並み

場所:笠岡市真鍋島

県下唯一の島にあるふるさと村。古い漁村の形態を今に伝える静かなふるさと村で,数々の映画のロケ地として利用された。また,新鮮な魚料理は,他のふるさと村では味わえない。 

高島

ジャンル: 海岸景観

場所:笠岡市高島

高島の周囲には有人無人島が転々と浮かび、独自の景色をつくり出している。島の最高峰の神卜山(標高77m)からの景観は特にすばらしく、差出島・明地島・小高島など近隣の無人島をはじめとして、笠岡諸島はもちろんのこと、西は福山方面、東は下津井方面、はるか南方には四国をも望もことができる。 『古事記』『日本書紀』には、神武天皇が東征の途上「吉備の高島宮」に数年間滞在したと記されている。地元では古くから、高島宮とはこの島のことであると考えられてきた。島内には神武天皇にまつわる伝説が数多く残っている。高島神社は神武天皇を祀っており、明治以前には「神武皇帝宮」などと呼ばれていた。神卜山は神武天皇が吉凶を占った場所と言われ、現在その山頂に巨大な「高島行宮遺阯碑」が立っている。この碑は高さ8メートルで、高島宮候補地であることをアピールするために、大正8年(1919)畑中平之丞によって建てられたもので、宮中顧問官・三島中洲の筆になる。山の中腹にある真名井は、神武天皇が天の神にお供えする水を汲んだ井戸と伝えられる。

北木島の流し雛

ジャンル: 行事・祭事

場所:笠岡市北木島町大浦

北木島大浦の海岸で、旧暦3月3日の満潮時、紙雛を乗せた小舟を海に流す伝統行事。小麦わら、または厚紙を利用して小舟(うつろ舟)を作り、帆を立てる。その中に、毎月1体つくってためた12体の紙雛(閏年は13体)と、前後に船頭を乗せる。これにアサリ寿司や桃の花の小枝などを添えて、浜辺から海へと流す。 雛を送るのは女の人で、この雛に悩みや病気を託し、また家族の安全や子供の健やかな成長を願って、昼の満潮に乗せ、引き潮とともに「加太へ帰って下さい」と唱えながら流す。一節には、この行事が始まって、かれこれ300年にもなるという。 和歌山市加太にある淡嶋神社の信仰にもとづく行事で、もとは各家庭でめいめいに流していたが、現在では観光行事化し、大浦の浜から一斉に流している。なお、大浦の荒神社のそばに、淡島様の小さな祠が祀られている。 (市指定 重要無形民俗文化財)

神島天神祭

ジャンル: 行事・祭事

場所:笠岡市神島5336

神島7地区の千歳楽(せんだいろく)が天神社に参集する賑やかな秋祭りで、船を使って神社に入る海上渡御の伝統を残している。 昭和50年頃までは旧暦8月15・16日に行われていたが、現在では9月の第3土・日曜日に挙行される。土曜日(宵祭り)、日曜日(本祭り)とも海上渡御が行われる。 神島の7つの地区とは神東・中村・汁方・福浦・高・寺間・見崎である。もともと神島は離島であり、上記の全地区が船による「お渡り」を行っていたが、笠岡湾干拓によって本土と陸続きになり、港が陸地化した地区では、昭和47年の祭りを最後にトラックによる陸の渡御へと変化した。しかし、現在でも、神東・寺間をはじめとするいくつかの地区では、船による「お渡り」を継承・復活させている。 千歳楽を運ぶ船やトラックは、旗や提灯で華やかに飾られる。天神社に入った千歳楽は順次社の周りを3周してから神主の祈祷を受ける。最後に神東地区が神社に入ることになっており、全地区の千歳楽が揃うと、社内で一斉に練る「総担ぎ」を行う。 また、天神社の所在する神東地区では3体の神輿も出る。御旅所を出発した神輿は千歳楽とともに海を渡り、その後地区内を巡回して夜に再び宮入りする。 祭りに関する古記録が残っておらず、その由来は不明であるが、各地区の熱意と対抗意識で活気に満ちた伝統行事である。

カブトガニ博物館

ジャンル: 博物館

場所:笠岡市横島1946-2

国指定天然記念物“カブトガニ繁殖地”である神島水道をのぞむ、世界で唯一のカブトガニをテーマとした博物館。建物はカブトガニをイメージした形状をしています。 また、国内では数少ない本格的恐竜公園を併設しています。園内に展示される7種8体の実物大の恐竜及び景観はすべて学術監修を受けて製作されており、恐竜の生きた時代を体験できます。

栂の丸山

ジャンル: 山岳

場所:笠岡市神島

真鍋島の走り神輿

ジャンル: 行事・祭事

場所:笠岡市

真鍋島の八幡神社の行事で、3体の神輿が島の通りを猛烈な勢いで駆け抜ける勇壮な行事。もともと秋祭りとして行われていたが、近年ではゴールデンウイークに行っている。 3体の神輿それぞれに、輿守と呼ばれる担ぎ手8人と、まとめ役の警護1人がつく。神輿をかつぐ前には必ず棒術と獅子舞を行い、危険な箇所を清めてから神輿を出す。八幡神社から下りた御輿が、前の浜で飾り立てた漁船に乗せられ、海を渡って本浦地区に上陸し、その後、島の通りを駆け抜けるところが最大の見せ場である。 (市指定 重要無形民俗文化財)

古城山公園

ジャンル: 公園

場所:笠岡市笠岡

 古城山公園は宝暦時代(約200年前)から名所として近在に知られ、明治39年7月21日に保安林として官有地の払い下げを受け、同42年2月18日に保安林解除される。 同8月31日に笠岡町所管の公園として設置される。その後、昭和27年4月1日笠岡市へ引き継がれ、昭和51年8月23日現在の都市公園となる。 当園は旧笠岡町市街地と富岡干拓の間に、海に向かって突き出ている小山で高さが60.8mあり、山陽本線笠岡駅から10分程度の場所に位置している。山頂からは笠岡市街地と番町地区が一望できるほか、目の前には日本でも有数の笠岡湾干拓が展開しており、とても見晴らしがよい。 また、春の花見シーズンには、約400本の桜が咲き誇り多くの行楽客に利用されています。 山頂に30台程度の無料駐車場がありますのでご利用ください。ただし、大型の車両はあがれません。

カブトガニ繁殖地

ジャンル: 博物館

場所:笠岡市神島水道神島大島沿岸

かつて笠岡湾の周辺には広大な干潟が広がり、多くのカブトガニが生息していたが、笠岡湾干拓以降、海の環境が変わり、カブトガニは激減している。カブトガニはカニというよりむしろ、クモ・サソリに近い動物である。約2億年前の中生代に現在のような姿形となり、その後ほとんど変化していないため「生きている化石」といわれる。干潟のある湾内を主な生息地とし、地元では「どんがめ」とも呼ばれる。産卵は夏の夜、大潮の満潮時を中心にして行なわれる。孵化した幼生は10年以上かけて10回以上の脱皮をくりかえし成体となる。日本では、カブトガニは瀬戸内海と九州北部に生息しているが、近年は各生息地でカブトガニが減少しており、種の存続が危ぶまれている。笠岡市には世界で唯一のカブトガニ博物館があり、幼生の放流などを行なっている。

ワコーミュージアム

ジャンル: 美術館

場所:笠岡市五番町6-20

神島

ジャンル: 海岸景観

場所:笠岡市神島

白石島

ジャンル: 海岸景観

場所:笠岡市白石島

笠岡市笠岡港から約16km、笠岡諸島の中では比較的本土に近い島。花崗岩の地肌が遠くから白い雪をかぶったように見えることから、白石島と呼ばれるようになったといわれており、国の名勝にも指定されている。 江戸時代には備後鞆(びんごとも)と備前下津井(びぜんしもつい)を通る内海の沿岸航路の中継地として栄えた。 備後福山藩時代に干拓が行われたため、笠岡諸島の中では平地が多い島となっている。 主産業は漁業で、底引網や定置網、ノリの養殖などが営まれている。 島には観光資源が多く、海水浴場もあるため、特に夏場には多くの観光客でにぎわう。

北木島

ジャンル: 海岸景観

場所:笠岡市北木島町

笠岡諸島最大の島。島全体が花崗岩でできており良質の石材を産出してきたため「石の島」として知られる。大阪城築城の際もこの島の石が使われた。 住吉港から三洋汽船普通便で65分、楠港下船。徒歩15分

真鍋島

ジャンル: 海岸景観

場所:笠岡市真鍋島

笠岡市笠岡港から約31kmにある島。年間を通して霜のおりない温暖な気候で、ふれあいパークでは瀬戸内海の多島美を一望できるほか、花壇を彩る四季折々の花が楽しめる。 西行法師の「山家集」に詠まれており、民俗行事もいくつか残っていて、歴史を今に伝える島である。 島名は、真南辺の島、つまり備中国小田郡の南端にある島という意味で、後に真鍋の字をあてたと考えられている。 平安時代末期に藤原氏の一族が水軍の根拠地を置いて真鍋氏を名乗り、全盛期には付近の島々をことごとく支配下に治めていたという。 島には、源平合戦で平家方に属した真鍋氏の城趾や供養のために建てたと伝えられる石造宝塔などの史跡がある。 港には石積みの堤防があり、のどかな漁村の佇まいを残している島として、岡山県が「ふるさと村」に指定しており、「瀬戸内少年野球団」など映画のロケ地にもなっている。

笠岡港まつり花火大会

ジャンル: 行事・祭事

場所:笠岡市

ひったか

ジャンル: 行事・祭事

場所:笠岡市

金浦地区に伝わる伝統行事。起源は源平合戦と言われるが発祥の年代は定かではない。「火を高く(掲げる)」がなまって「ひったか」となったといわれる。吉田川をはさんで向かい合う行者山と妙見山のそれぞれに源氏方、平家方に別れ提灯で絵模様を描き優劣を競う。デザインはその年の世相を題材として決定されるが、宵闇に浮かび上がるまでは関係者以外秘密とされる。絶好の見学場所は千歳橋の上。当日は県道が歩行者天国となり、夜店が立ち並び観客で身動きがとれないくらい賑わう。 源平合戦で平家が都を追われ金浦の陶山城へいた時、讃岐の豪族が源氏に寝返り兵船30隻に兵2千余騎を乗せて攻撃をしかけた。これを迎える陶山方は山に篝火を焚いて気勢を上げ兵船10隻で散々に打ち破ったと言われ、この時の篝火が“ひったか”になったと言われる。古くは源平二軍に別れて東西の山に対陣し松明を炊いて気勢をあげ、石の投げ合って捕虜を取り合っていたといわれるが、江戸時代初期には大将の名前を書いた赤旗白旗を奪い合う形態に変わり、いつの頃からか現在の形態になった。旧暦5月5日頃の土曜日の夕方から夜にかけて行われる。

道通神社の冬祭

ジャンル: 行事・祭事

場所:笠岡市横島1389

猿田彦命を主祭神とし、応神天皇を合祀する道通神社で冬の大祭が行われます。猿田彦命は五穀豊穣、商売繁盛の守護神として知られます。

フレッツ光

フレッツ光 店舗/事務所/法人向け申し込みキャンペーン

NTT東日本・西日本 フレッツ光 正規販売代理店 株式会社ラプター (販売パートナーコード:1015350983)

お問い合わせはお気軽にお電話下さい

フリーダイヤル 0120-979-422

お問合せ 通話料無料 受付:10時~20時 年中無休


フレッツ光契約前に

キャンペーン一覧

フレッツ光契約前に

オプション一覧